趣味全開!!漢大好き男のブログ

漢を愛する男—――そんな男のブログ。Twitterやってますのでお気軽にフォローしてください。@otoko0108 何かご依頼などがあればTwitterのDMまで

五発目…男の生きざまを見たいならこれ「エリジウム」

 漢の生きざま…それは見る者の心を熱くさせ、憧れさせ、ついエールを送りたくなる。

 

今日はそんな漢が見られる映画

f:id:otoko0108:20160316010530j:plain

 

エリジウムを紹介します。

 

REDはディスク無くしたっぽい…いずれやります

 

 

 

f:id:otoko0108:20160316010837p:plain

近未来、荒廃した地球に住む貧困層

 

f:id:otoko0108:20160316011054p:plain

超富裕層が住むスペースコロニーエリジウムが存在する世界が舞台。

 

このエリジウム、人間が生きる上で何一つ不自由なく暮らせるように設定されており、ロボット警備員、ロボット召使、あげくの果てにはどんな病気も一瞬で治るメディカルマシンが一家に一台必ず存在します。

 

こんなスペースコロニーが開発されるのは相当未来でしょうが、貧富の差が拡大する現代社会を鑑みれば結構なリアリティを感じてしまいますね。

 

主役、マッドデイモンが演じるマックスは、そんな荒廃した地球に住む男性です。

 

f:id:otoko0108:20160316012059j:plain

元々は札付きのワルだったが、今は脚を洗い工場で勤めている。

 

昔の仲間に煽られたり、好きな女性へのアプローチもうまく行かない、仕事場の環境もお世辞にもいいとは言えない、それでもなお懸命に生きています。この時点で僕はもう泣けました。

 

そんなうまくいかなくても懸命に生きている彼に更なる不幸が訪れます。クソ上司のせいで仕事中事故に会い、致死量の放射線を浴びてしまい後五日の命と宣告されてしまいます。

 

まだ死ねない。死にたくない。そう思った彼は非合法組織を頼り、何でも治る医療マシンがあるエリジウムを目指す…こんな感じのストーリーです。

 

この作品はマッドデイモンの熱い演技もさることながら、メカニックのデザインも見どころの一つだと思います

 

 

f:id:otoko0108:20160316013826p:plain

 

こんなんとか

 

f:id:otoko0108:20160316014032p:plain

 

こんなんとか。なんかいいですよね、心躍ります。第九地区の監督ニール・ブロムカンプがやってるから当然と言えば当然かっこいいわけですが。

 

頭からにして見れる系の作品ではありますが、好きな女性、フレイの娘とのやりとりやマックスを待ち受ける数々の受難を見ると泣かずにはいられない。漢なら泣いてしまう…そういう映画です。

 

興味を持たれた方は、ぜひお近くのレンタルビデオショップまで足を運んでください。きっと後悔はしないと思います。

 

明日は食、地元和歌山のウマイラーメン店について赤裸々に語りたいと思います