趣味全開!!漢大好き男のブログ

漢を愛する男—――そんな男のブログ。Twitterやってますのでお気軽にフォローしてください。@otoko0108 何かご依頼などがあればTwitterのDMまで

18発目…範馬刃牙紹介、伝説の「グルグルパンチ編」

f:id:otoko0108:20160401202625j:plain

 

 

(当時の僕)え???

 

 

f:id:otoko0108:20160401202637j:plain

 

(当時の僕)んん????烈さん?

 

 

 

f:id:otoko0108:20160401202506j:plain

 

 

(当時の僕)ウワアアアアアアアオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!

 

 

ハイ、というわけで今回は範馬刃牙、VSピクル編の烈編をお送りしたいと思う

 

 ピクル編の烈は面白い

 

 ピクル編はファンの間でも賛否の分かれがちな作品だ。その理由は色々あるが、一番は従来尻リーズの強豪達とピクルの血なまぐさい戦いが原因である。

しかしその反面、謎にコメディチックというか笑えてしまう描写が多い。そしてその犠牲第一号となったのがこの男、

 

 

f:id:otoko0108:20160401203415j:plain

 

烈海王である。ここだけ見るとやばいが断じてホモではない。

 

f:id:otoko0108:20160401203642j:plain

 

ミスタービーンかお前は

 

これは軍施設の内部に収容されているピクルに会いに行く為の潜入なのだが、それにしたってこの進入は無いだろう。こういうギャグ的なものは烈海王が真面目にやるからさらに面白いというのもあるのだが…本筋に戻そう。

 

潜入の甲斐ありピクルに惚れた列はピクルとの勝負を徳川に申し込む。勿論断らない徳川。どんな勝負になるのかと徳川も読者も期待したのだが

 

 

 圧倒!!原始が武術を喰らう

 

f:id:otoko0108:20160401204457j:plain

何も通用しないッッッ

 

崩拳も、蹴りも、急所攻撃も、技も、何もかもが通用しない。挙句の果てには肩の肉を食われている。しかし烈とはそういう男だろうか?武が通用しなくても、ただ食われるのを見ているだけの漢だろうか?

 

いや、違う。烈ならばきっと何かしてくれる。当時の読者誰もがそうおもっただろう。そこで烈は

 

 

 烈、伝説になる

 

f:id:otoko0108:20160401204912j:plain

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~ッッッッ!!!!????

 

今でも当時の事は覚えている。一瞬何が起きたかわからなかったが、グルグルパンチと理解した瞬間コンビニで爆笑して白い目で見られてものだ。

 

この衝撃は今でも色あせることなく刃牙ファンの間で伝説となっており、

その伝説っぷりはグーグル先生も認めている

 

 

f:id:otoko0108:20160401205229p:plain

 

 

このAAというのは烈のグルグルパンチをアスキーアート化したもののことを指しているので、グルグルパンチの第二検索ワードの半分は烈である。

 

 

 

f:id:otoko0108:20160401205418p:plain

 

画像検索はさらにひどい

 

それくらい衝撃的だったのだ。

 

 

食らう

 

その後反射的に武を使い、ピクルからダウンを奪う烈だったが、ピクルの本気の前に斃れてしまう。そして

 

f:id:otoko0108:20160401210100j:plain

 

食らった

 

比喩でも何でもなく、食った。本当に当時は衝撃的だったし悲しかった。ピクルの事をにくく思ったくらいだ。

 

そして同時に戦慄した。これからのピクル編は血なまぐさくなるのだと…

次回は熱く悲しい克己編をお送りしたい。

 

 

 オマケ

烈、さらに伝説になる

f:id:otoko0108:20160401210341j:plain

 

そして烈はこのコマで伝説になる。コラージュの素材として…

 

克己編が終れば烈コラ編も紹介したい