趣味全開!!漢大好き男のブログ

漢を愛する男—――そんな男のブログ。Twitterやってますのでお気軽にフォローしてください。@otoko0108 何かご依頼などがあればTwitterのDMまで

刃牙作者が絶賛!男たちの暴力と筋肉の祭典「ケンガンアシュラ」紹介

このブログでおなじみ板垣先生はある漫画をみてこう言った。

 

「この作者は完成しつつある。どこが・・・!?役者!?色気!?動き!?教えない。もう・・・追いつかれそうだから」

 

今日はあの天下の「刃牙」作者、板垣先生にそこまで言わせて漫画、

 

 

f:id:otoko0108:20160603171524j:plain

 

ケンガンアシュラを紹介したい

 

 

 目次

 

 

ケンガンアシュラとは

リアル調バトル漫画。ストーリーは大体こんな感じだが、

 

 企業、商人たちが巨額の利益を賭け、雇った闘技者によって素手による格闘仕合を行い、勝った方が全てを得るという拳願仕合。商人たちの争いを収める手段として、江戸中期に発祥したと言われているそれは現代にまで継承されており、今、己の最強を証明せんとする謎の闘技者、十鬼蛇王馬が拳願仕合の舞台に足を踏み入れようとしていた。その内に野望を秘めたる乃木グループ会長、乃木英樹がその男と出会ったとき、拳願仕合にて大きな渦が巻き起ころうとしていた。 wikipediaより

 

正直特に気にしなくてもいい。基本ノリと勢いの漫画なので最新話から読んでも全く問題ない。

 

要は強き漢達が磨き上げられた肉体と鍛え抜かれた技でもって覇を争う、ここ最近では珍しいくらいの漢くさい漫画だ。口で言うのもあれなんで見てもらった方がわかりやすいだろう。

 

f:id:otoko0108:20160603172546j:plain

 

 

f:id:otoko0108:20160603173306j:plain

f:id:otoko0108:20160603175031j:plain

 

こういう漫画だ。分り易いだろう?このブログを見ている諸兄らにはうってつけの漫画であると思う。

 

 

圧倒的画力で描かれる暴力!!筋肉!!そしてたまに知略!!

 

この作品の見どころはズバリ画力であろう。先日紹介した拳刃が流れるような筋肉の動き、線の描写に長けているならば、こちらは筋肉の張りに素晴らしさがあると思っている。無論、動きも素晴らしいものがあるが、特にという事である。

 

 

 

f:id:otoko0108:20160603174147p:plain

 

例えばこの図。大久保が加納に対して殴りかかるこの一シーンだけ見ても大久保のどの筋肉が張りつめ、どういう動きに持っていこうとしているか手にとるようにわかる。刃牙作者も絶賛しようものだ。そしてこの画力で描かれる戦闘シーンは迫力満載だ。

 

 

 

f:id:otoko0108:20160603174404j:plain

 

私の好きな漫画の特徴の一つ、「歯を食いしばってみてしまう」ような躍動感と衝撃がここにはある。そして週刊連載に必要不可欠な「毎回見どころがある」、「わかりやすいキャッチーさ」を兼ね備えた漫画だ。

 

ただ、この漫画似たようなベクトルの刃牙と比べると背景設定の企業同士の戦いというものが表に出て来ることも多々ある。要は企業同士の覇を賭けた勝負であるので、権謀術数も戦いの内、というわけだ。

こういう別ベクトルの面白さもあるのでただの脳筋漫画で終わっていない処がこのケンガンアシュラの面白さの一つである。

 

加えてこの漫画、基本的には無料で読める。詳しくは裏サンデーやマンガワンでググって欲しい。

漢好きなあなたを必ずや満足させる作品である。さあ、ケンガン試合開始ィィィィ!!!