趣味全開!!漢大好き男のブログ

漢を愛する男—――そんな男のブログ。Twitterやってますのでお気軽にフォローしてください。@otoko0108 何かご依頼などがあればTwitterのDMまで

エルフ編 勝てない貴方に送る、『今日』から勝てるシャドウバース

昨日に引き続きシャドウバース記事。※2016年12月5日更新。

 

今回からは各個別ヒーローの、今日つかって今日勝ちたい人向けに必須カード、キーカード、あればお得なカード等を紹介していきたい。そんな初日の紹介ヒーローは萌え豚ご用達、クソ簡単で馬鹿でもすぐできるエルフ攻略記事だ!!

今からエルフを始めたい萌え豚は是非参考にしてほしい。

 

まずはエルフのざっくりとした紹介だ。

 

f:id:otoko0108:20160622161428p:plain

 

基本はクリーチャーを並べてフェアリーを補充し大量展開を行う。これはコンボエルフでも冥府でも変わらない。とにかくカードを使いながら副産物のフェアリーを補充し、それを使って何かを行うデッキだ。トークンウィニー、という見方も出来るだろうか。

 

カードゲーム自体の初心者がやるならこれか、ロイヤルかビショップだろう。やることが簡単で強いデッキができる。安上りだったのも今は昔…

 

とにかく並べて効果発動させてアドとっての繰り返しだ。慣れはどうしても必要になるが決して難しくはなく、それでいて強い。

 

 

 

初心者オススメ度…高

プレイング難易度…低

課金依存度…低(ただし高いレベルでそれなりに勝とうと思うと課金力は必要になって来る)

萌え豚人気度…超高

 

 

 

 

 

長所

  • ひたすら並ぶ
  • 手札がまず尽きない
  • 様々なコンボがあるため相手は動きが予想しにくい
  • その割に戦法が単純なので初心者にも扱いやすい
  • ドローソースが豊富
  • 冥府デッキというこのゲーム屈指の超強デッキが存在する
  • ウィニーなので長期戦も短期決戦も出来る

 

短所

  • 生物のサイズが小さい
  • 中型から大型の除去に少し困る
  • 全体除去に弱い
  • 本部(守護キャラ)に弱い

f:id:otoko0108:20160624222616j:plain

 

 

 

 

このゲームの基礎的な考えはここに書いてあるので、是非一読してほしい。

 

www.otokono-syumi.net

 

すんごい基礎的な事っていうかカードゲームの基礎も結構入ってるので知っとるわwwwwwwwwwって言う方は読まなくて大丈夫です。逆に知らない方は読んでおくことをオススメしますぞ!!これ知らないとカードゲーム老害にいいようにされると思う

 

 2016年6月29日大幅更新

目次

 

 

 

 

 

必須カード

まずは絶対抜いてはいけないと言うかできれば3枚積んでほしいカードを紹介する。

 

f:id:otoko0108:20160622145815p:plain

 

 

ウォーターフェアリー

 

f:id:otoko0108:20160622150311p:plain

進化前1 1

ラストワード フェアリー1枚を手札に加える。

進化後3 3

ラストワード フェアリー1枚を手札に加える。

 

1マナ1/1とスペックは並以下だが、フェアリーが手札に一枚来るため、手札枚数の合計値が減らない。よしんば相打ちできればアドバンテージはこっちのものだ。これかフェアリーサークルを一ターン目に出してガンガンフェアリーを集めるのがエルフの基礎戦術である。

 

フェアリーウィスパラー

 

f:id:otoko0108:20160622150319p:plain

進化前1 1

ファンファーレ フェアリー2枚を手札に加える。

進化後3 3

効果なし

 

 

基本その②

優秀な手札肥やし。

サイズは心もとないが、戦場に出すだけでフェアリーが二枚手札に入る。この時点で落されても手札はこいつを出す前より増えているので何も問題は無い。三枚入れてできるだけ二ターン目に出したい。

 

ベビーエルフ・メイ

 

f:id:otoko0108:20160629143824p:plain

 

進化前1 1

ファンファーレ ランダムな相手のフォロワー1体に1ダメージ。

進化後3 3

効果なし

 

軽くて出た時仕事が出来る憎いやつ。

 

基本その③

 

出た時相手フォロワーのいずれかにランダム一点なので確実性はないが、相手の場に一体だけなら確実にそいつに1点飛ぶのでそのデメリットは打ち消せる。とくに序盤はタフネスが1のフォロワーや相手の場に1体しかしかない状況はままあるのでアドバンテージを狙いやすい。

特に自然の導きとのコンボは簡単ながら強力だ。

 

 

メタルエルフメイジ

f:id:otoko0108:20160622150327p:plain

 

進化前2 1

ファンファーレ このターン中に(このカードを含めず)カードを2枚以上プレイしていたなら、相手のフォロワー1体に2ダメージ。

進化後4 3

効果なし

 

基本その③

格下げ。メイが強すぎる。。。

 

条件はあるが出して二点の二マナ2/1が弱いわけなどない。しかもその条件も二枚他に使うだけなので上二つの流れをくんでいればあっさり達成できるはずだ。

 

 

墓荒らしへの報い

f:id:otoko0108:20160622150335p:plain

効果

相手のフォロワー1体に2ダメージ。

フェアリー1枚を手札に加える。

 

必須中の必須。与えるダメージは二点と低いが、PPも2と低いので序盤の流れを掴みやすい。何より除去しているにもかかわらず何故かフェアリーが手札に入るので序盤に撃てば大抵アド勝ちできる。

 

リノセウス

 

f:id:otoko0108:20160629143438p:plain


進化前1   1

疾走

ファンファーレ ターン終了まで、「このターン中に(このカードを含めず)カードをプレイした枚数」と同じだけ+1/+0する。

進化後3 3

疾走

 

必須。最近のエルフでこいつを見ない時はない。エルフチームの打点王

 

疾走持ちで手札からカードを使えば使う程パワーが上がった状態で出てくるのでウィニーにあるまじき不意の瞬間火力を叩き出せる。疾走の性質上バウンスと相性がいいので何度でも繰り返し使い繰り返し瞬間火力を出して行くことが出来る。エルフの主力打点。

しかしバウンスや複数枚と組み合わせて打点を出す特性上プレイミスには気を付けよう。

 

フェアリーサークル

 

f:id:otoko0108:20161205161412p:plain

 

効果 フェアリー2枚を手札に加える。

 

使うとフェアリーが二枚手に入る。単純だが軽くて手札が増えるのでエルフのコンボ条件達成のお供や序盤の補充に持ってこい。

 

エンシェントエルフ

f:id:otoko0108:20160622161118p:plain

 

進化前2 3

守護

ファンファーレ 自分の他のフォロワーすべてを手札に戻し、戻したフォロワー1体につき+1/+1する。

進化後4 5

守護

 

万能レジェンド

 

バウンスを利用してのコンボ、軽さを利用しての連続展開、本部からの時間稼ぎとこれ一枚でエルフのしたいことなんでもできます的な便利カード。

最近ではコンボ、薔薇、運命冥府何にでも入る、できれば三枚入れたいカード。

 

特に

1ターン目…フェアリーサークル

2ターン目…フェアリー二枚出し

3ターン目…エンシェントエルフ

 

の流れがとてつもなく強烈だ。特に先行3ターン目に4/5守護など出されてはほとんどのデッキでなすすべがない。超絶強いカードなのでエルフ使いは三枚手にいれよう。

 

 

 

クリスタリアプリンセス・ティア

 

f:id:otoko0108:20161205162845p:plain

進化前1 1

ファンファーレ クリスタリア・イヴ1体を出す。

このターン中に(このカードを含めず)カードを2枚以上プレイしていたなら、そのクリスタリア・イヴは進化して、守護 を持つ。

進化後3 3

効果なし

 

必須。最近のエルフでこいつを見ない日はない。

 

このカード自体は1/1と貧弱だがお供のイヴが強い。イブのスペックは4/4。

これだけでも十分なのに二枚使った後にこのカードを使うとなぜか進化ポイントを消費せずにイブが進化してなぜか本部化する。

 

実戦では普通に使っても強いがエルフプリンセスメイジとのコンボが強烈。

最速5ターン目に0コスフェアリーと一緒にティアと進化したイブが飛んでくる。正直やめてほしい。

 

しかもしかもイヴは進化ポイントを消費せずに出てくるので実質進化扱いにならない。つまりほかのカードも進化できるというわけだ。

1枚で複数枚展開、スペック、守護とこれでもかというほどつめこんだカード。強すぎる。

 

 

エルフプリンセスメイジ

f:id:otoko0108:20160622160934p:plain

 

進化前3 4

効果なし

進化後4 5

進化時 フェアリー2枚を手札に加え、それらのコストを0にする。

 

 

冥府エルフ、ティアのお供。スペック良好の手札肥やし

 

進化で〇マナのフェアリーが二体手札に入ってサイズもあるから弱いわけが無い。手札が溢れるのは状況によっては考え物だが、エンシェントや新たなる運命の肥やしになると考えれば悪くない。運命冥府型ならまず確実に見るカード。

最近ではティアのお供になってしまった。

 

キーカード紹介

 

新たなる運命

 

f:id:otoko0108:20160629144823p:plain

 効果

手札をすべて捨て、捨てたカード1枚につきカードを1枚引く。

 

 

運命冥府のキーカード。遊戯王で言う手札抹殺

 

最近ではどのエルフデッキでもほぼ三枚必須。

 

このカードは一度手札を全て「墓地に送り」捨てた枚数分カードを引く…のであるが、このゲームのびっくり要素の一つにトークンカードが手札に入る事、そして墓地カウントされることがあげられる。

 

つまり手札にガンガンフェアリーが入るエルフは手札のフェアリーをこのカードで軒並み墓地に送ってドローすることで多大なアドバンテージを得ることが出来るのである。

 

そしてエルフでこのカードを使う時はアドバンテージというよりも副次的効果である墓地肥しが生きる。それは次のカードで紹介する

 

 

冥府への道

 

f:id:otoko0108:20160629145249p:plain

 

効果

自分のターン終了時、自分の墓場が30枚以上なら、相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに6ダメージ。

 

多くのシャドバ朋友を悩ませている悪のカード。運命冥府のキーカードであり決ればほぼ勝ち。除去対策兼確実にひきたいため最低でも二枚積むことをオススメする。

 

このカードの効果は「自分の墓地が30枚以上の時、自ターン終了時に相手プレイヤーとフォロワー全体に6点ダメージを与える」だ。

そして上の新たな運命の効果を思い出してほしい。

 

手札をすべて「墓地に送る」

トークンも軒並み墓地に行く

 

お気づきだろうか。エルフはもうめっちゃ墓地に送れるのである。30枚といえどもガンガンにフェアリーを出す構成にすれば8ターン目くらいにはまず冥府が決まるのでかなり実践向きだ。しかも出たターン効果が発動するので即時性もあるきわめて強烈なカード。

 

最近では冥府に加えクリスタリア・イヴやシンシアといった普通に強いカードを交えたハイブリッド型が猛威を振るっている。

冥府といえばエルフ、エルフといえば冥府でしょみたいなところがあるのでない方は何としても三枚揃えてほしい。

 

 

エルフナイト・シンシア

 

f:id:otoko0108:20161205174732p:plain

 

 

自分の他のフォロワーが攻撃するとき、そのフォロワーを+1/+0する。

進化後6 7

進化時 フェアリー2体を出す。

自分の他のフォロワーが攻撃するとき、そのフォロワーを+1/+0する。

 

どことなく刃砦の英雄を思い出させるカード。

エルフにしては重く、それでいて優秀なスタッツ持ち。

パワー修正は永続なのでこいつが場にいるだけで打点が跳ね上がる。並んだ状態で出せれば速やかにゲームを終わらせることができるだろう。

もちろん並んでいなくても進化でフェアリーを二体並べることができるので切り返しにも向いている隙が無い一枚。

純粋な冥府以外のエルフデッキなら二枚ほど積んでおきたい。

 

 

エルフの少女・リザ

f:id:otoko0108:20161205184254p:plain

進化前2 2

ファンファーレ 相手のターン終了まで、自分のフォロワーへの「能力によるダメージ」は0になる。(「攻撃によるダメージ」はそのまま)

進化後4 4

効果なし

 

 

エルフは全体ダメージに弱いとか言っていたらついにきてしまった全体除去対策。

「能力によるダメージ」とはフォロワーはもちろんスペルカードの「能力」もその中に入るので厄介な腐の嵐やファフニール、エンジェルバレッジの効果を無効化できる。そのうえ本体スペックもなかなかと隙がない。

しかし破砕やテミスなどのダメージなし除去は無力化できないので注意されたし。

 

 

自然の導き

 

f:id:otoko0108:20160701023941p:plain

 

自分のフォロワー1体か自分のアミュレット1つを手札に戻す。

カードを1枚引く。

 

いわゆるコンボパーツ。アミュレットを戻せることももちろんだが、1コスで1ドローが見逃せない。リノセウスを使いまわして打点を稼ぐのはもちろんのこと、それ以外にもメイを使いまわして除去やティアの使いまわしなども強烈なので是非3枚入れたい。

 

 

妖精のいたずら

f:id:otoko0108:20160622161135p:plain

 

自分のフォロワー1体か自分のアミュレット1つを手札に戻す。

ランダムな相手のフォロワー1体を手札に戻す。

 

いろいろな役割を果たせるいぶし銀なカード。バウンスで遅延、コンボはもちろんだがこのカードの最大の特徴は「ランダム」というところにある。

対象に取らないため、相手の場を1枚にすればエルフでは非常に厄介なオーレリアや潜伏持ちのカードをバウンスする事が出来る。考えなしに積みまくることはできないが環境を見てピンで刺したりすれば渋い働きをしてくれるだろう。

 

フェアリービースト

 

f:id:otoko0108:20160714234227p:plain

 

進化前4 4

ファンファーレ 自分のリーダーを「自分の他の手札の枚数」と同じだけ回復。

進化後6 6

効果なし

 

回復は偉大な切り返し要因。

 

エルフにしてはデカめのフォロワー。手札が増えやすく、長引かせることにメリットがある運命冥府と相性が良いためこいつを切り返しの起点にしている方を多く見る。

半面打点はあまり期待できないのでシンシアやティアを入れたハイブリッド冥府よりは純粋な冥府デッキのほうがかみ合うだろう。

 

翅の輝き

f:id:otoko0108:20161205181736p:plain

カードを1枚引く。

このターン中に(このカードを含めず)カードを2枚以上プレイしていたなら、1枚ではなく2枚引く。

 

新たに追加されたドローカード。

そのまま使えばワンドローでただの手札交換だが2枚使えば二枚ドローできる優秀なカード。エルフというか冥府はとにかくデッキを掘って(ドローするの意味)運命もしくは冥府を手札に入れることが重要なので一度のドロー枚数があればあるほど良い。

ワンダーエルフとはドロー効果、2ppと被る点が多いがドロー枚数の差があるのでたいていは翅の輝きのほうが優先されるし、私も翅を優先したほうがいいと思う。

 

収穫祭も運命もあるしいらねーだろと思ってるあなた、僕とお友達になりましょう。

 

 

更に勝ちたいならこいつらで決まり!!

ここでは更に勝ちたいあなたに向けて、出来れば入手したいカードを紹介する。

 

エルフバード

 

f:id:otoko0108:20161205185851p:plain

 

進化前2 2

他のフォロワーが進化するたび、フェアリー1枚を手札に加える。

進化後4 4

他のフォロワーが進化するたび、フェアリー1枚を手札に加える。

 

進化されて殴られても手札にフェアリーが来るので手札枚数的には変わりないし後続につなげやすい。地味だが使いやすく癖がない良カード。ブロンズで入手しやすいのもグッド。

先行なら4ターン目においておけば高い確率で誘発できるだろう。

 

 

 

根源への回帰

 

f:id:otoko0108:20160629144515p:plain

 

全体バウンス。相手のテンポ潰し、バウンスコンボ、展開の遅らせに。

 

じり貧状態の時に使ってもあまり効果は無いが、相手のライフが少ない時や自分のPPに余裕がある時ならこいつで一旦場をリセットして有利な場を再構築することができる。特に最近はやりの運命冥府エルフにはなかなかマッチしている。

 

というのも今は昔。下方修正で7PPになってしまったのであまり見ない。

 

 

アーチャー

 

f:id:otoko0108:20160714234643p:plain

 

進化前2 2

自分の他のフォロワーが場に出るたび、ランダムな相手のフォロワー1体に1ダメージ。

進化後4 4

自分の他のフォロワーが場に出るたび、ランダムな相手のフォロワー1体に1ダメージ。

 

 

場にフォロワーが沸きやすいエルフとかみ合っている。特にべビーエルフバウンスコンボが強烈

 

ランダムだが、味方が出た時に相手フォロワーに1点飛ぶのはなかなか協力。エルフはべビ-エルフをはじめファンファーレ持ちフォロワーと手札に戻る効果(バウンス)が多いためこいつの効果を活かしやすい。乙姫のような一斉に並ぶカードをこいつのコンボで一掃できたりするのでちまっこいものが並ぶデッキにはなかなか刺さるだろう

 

プレスフェアリーダンサー

 

f:id:otoko0108:20160629144046p:plain

 

進化前1 1

ファンファーレ ターン終了まで、自分のフォロワーすべてを+1/+0する。

進化後3 3

効果なし

 

そんなんじゃ足りねえ!!もっと殴りてえ!!

さらなる打点を求めるあなたにこれ。

 

「はいwwwわんつーわんつー^^」の掛け声でイラッときた方は多々いると思うが、出た時全員にターン終了時まで+1/0の効果はウィニー気味なエルフと非常に相性がいい。並ぶ代わりにちまっこいエルフの打点不足を補ってくれるからである。

 

シンシアという打点補正の強カードが来たので少々影は薄くなったが、テンポエルフならまだ入る余地はあるだろう。

 

しかしこう…この掛け声…来るものがありますね。

 

その他の注目カード

 

 フェアリープリンセス

 

f:id:otoko0108:20160622160028p:plain

 

進化前4 4

ファンファーレ フェアリーを手札が上限枚数になるまで加える。(上限は9枚)

進化後6 6

効果なし

 

レジェンドだが…

 

出た瞬間に手札上限の9枚までエルフを補充することができるので後続に悩む必要がなくなる…のだがそもそもエルフは後続に悩む必要が殆んどなく、最近では手札が溢れかえってしまうことも多いため使えない状況が増えて来た。

対して2pickでは手札補充とスペックを兼ね備えたあたりフォロワー。薔薇ほどではないがぜひピックしたい。

 

 

ワンダーエルフメイジ

 

f:id:otoko0108:20160701024330p:plain

 

進化前2 1

ファンファーレ このターン中に(このカードを含めず)カードを2枚以上プレイしていたなら、カードを1枚引く。

進化後4 3

効果なし

 

フォロワーが出ながら1ドローは地味ながら使い勝手良好。

 

どこでも見るのになぜ忘れていたかわからない。通りすがりのエルフさんに感謝。

 

エルフでとにかく納豆そばをするためにはとにかく収穫祭が必須だ。収穫祭への近道という点と、軽いので手札があればバウンスでドロー使いまわしもやりやすい。加納ならばデッキに入れたい。

 

…というのも過去の話。翅の輝きのせいであまり見かけなくなってしまった。 弱くはないんだけどねえ

 

収穫祭

 

f:id:otoko0108:20160622150344p:plain

 

必須ドロソだった。

 

画像は修正前のもの。現在は4PPになっている+翅の輝きという新たなドローソースが出たせいでめったに見ないカードになってしまった。

ただ、置物ドロソというだけで存在意義はある。今後のカード次第ではまた評価を上げるかも

 

カニバルフラワー

f:id:otoko0108:20160622161128p:plain

 

置物(アミュレット)メタ。現状置物に対する手段が限られている中で、このフォロワーは並のサイズを持ちながら、場に出た瞬間置物をつぶせるので簡単にアドが取れる。現在は特に使われていないが今後強い置物が出て来た時に光る可能性を持っている。可能性の獣。

 

 

 

妖精の楽園

 

f:id:otoko0108:20160622161202p:plain

強い。毎ターン勝手にエルフが手に入るから弱いわけがない。

弱いわけがないのだがそれ以上に強いカードがエルフにはあふれているので構築では日の目を見ることはない。

 

しかし2picksではマストピックといえるほどのカード。エルフは2pickではなかなかフェアリーが安定確保できないが、そこをカバーしてくれるので安定感が増す。

 

 

 

いかがだっただろうか、今回のエルフ紹介記事。エルフをやりたい方はこれらのカードをぜひ一考してほしい。きっと勝ちにつながることだろう。

 

他のヒーローもみてえって方は下記リンクにどうぞ。下記リンクの下段に各ヒーロー紹介が載っております

www.otokono-syumi.net