趣味全開!!漢大好き男のブログ

漢を愛する男—――そんな男のブログ。Twitterやってますのでお気軽にフォローしてください。@otoko0108 何かご依頼などがあればTwitterのDMまで

ヴァンパイア編 勝てない貴方に送る「今日」から勝てるシャドウバース

この記事は2016年7月14日にけっこう更新されました

 

吸血鬼―――それは古来より恐れられてきた存在。怪力無双の力に再生能力、超能力、なにより人を襲う凶暴性(最近の創作では怪しいけど)

個別攻略記事の最終回はそんな吸血鬼のヒーロー

f:id:otoko0108:20160628163129j:plain

 

 

ユリアスをお届けする

 

DATA

 

初心者おすすめ度…低

デッキ構築難易度…中

プレイング難易度…高

課金依存度…中

カッコよさ…最高

 

ヴァンパイアとは

 

f:id:otoko0108:20160628163234j:plain

デメリットの代わりに、強いカードパワーで戦うヒーロー。

 

漆黒の契約、鋭利な一裂きなどライフを失う系のカードは特にわかりやすく強いので運用法さえ間違えなければ有利に試合を展開できる。死ぬ前に殺す、といったイメージがわかりやすいか。

 

そしてヴァンパイアと言えば復讐。復讐状態時に強さが劇的に増すカードが多いので、ライフが10以下…もっと言えば⒑周辺をどこまでキープしながら戦えるかが勝敗のカギとなる。相手に任せるのではなく、自分でもライフ調整を心掛けたい。

 

勝つための注意すべき長所短所をまとめると

 

長所

  • ライフを失うが強力なカードで試合展開を早める事が出来る
  • ライフを失った後で強力な効果が付くカードが多い。巻き返しやすい
  • 除去が豊富なので場に干渉しやすい。全体ダメージもある
  • ドレインが豊富なので体力調整に長ける
  • ドローが強いので息切れしにくい

 

短所

  • ライフが減りやすいので事故死しやすい
  • 減った後にライフを失うカードが来るとどうしようもない
  • 回復されるとしんどい。体力調整の計算が狂う
  • 体力を相手に調整されながら戦われるとまずい

 

 ではカード紹介…その前に

このゲームの基礎的な考えはここに書いてあるので、是非一読してほしい。

 

www.otokono-syumi.net

 

すんごい基礎的な事っていうかカードゲームの基礎も結構入ってるので知っとるわwwwwwwwwwって言う方は読まなくて大丈夫です。逆に知らない方は読んでおくことをオススメしますぞ!!これ知らないとカードゲーム老害にいいようにされると思う

 

目次

 

 

必須カード紹介

 

ダークジェネラル

 

f:id:otoko0108:20160628162547p:plain

 

多分どのデッキにも入る。PPに対するパワータフネスの値が順当で、なにより復讐時の疾走で試合を決めることが多々ある。アドバンテージよりもダメージ要因として活躍してくれる

 

漆黒の契約

 

f:id:otoko0108:20160628162806p:plain

 

必須。所謂始祖の贈り物、毎ターン追加で一枚ドロー出来る。

ビートだと微妙な線だが、遅めのデッキならまず確実に入るだろう。3ターン限定でライフを6失うとデメリットもあるが、毎ターン2回復するので最終的には全回復する。

 

必要PPが軽く、ライフを失うこともヴァンパイアにとっては復讐のためのライフ調整になるので、その辺を計算して出しても面白い

 

ディアボリックドレイン

 

f:id:otoko0108:20160628162738p:plain

必須。5PPでダメージ4なら充分、だいたいの敵は倒せる。復讐時にはコストが一になるので続けて展開しやすい。スゴク使いやすいので是非いれよう

 

血の取引

 

f:id:otoko0108:20160628162701p:plain

 

必須。MTGで所謂血の署名。

 

2点で2ドローで2PPなのでどんなデッキにもまず入る。序盤から終盤まで腐らず使えるし体力調整もしやすい。

体力2以下の時に引いたらだって??んなこたぁーどーーーーでもいいだろうが康一ィイィィーーーーーーーッッ

 

鋭利な一裂き

 

f:id:otoko0108:20160628163043p:plain

 

必須。二点くらうがフォロワー、プレイヤー問わず三点飛ばせるのは魅力。こいつで体力調整しながら復讐のカードを出す、みたいなのをよく見るしよく使うので、中盤以降はそれを意識してみるといいかも

 

キーカード

 

黙示録

 

f:id:otoko0108:20160628162621p:plain

 

ヴァンパイアと言えばこれ。致命的なバグあり

全体8点は実質全体除去みたいなもので、復讐時にはコスト4で撃てる驚異のカードとなる。復讐時にコスト4で撃って続けてクリーチャーを出すという動きが死ぬほど強いので使っている方は是非意識しよう。

 

早めのデッキなら何も考えずに複数枚積むというわけにもいかないかもしれないが、遅めの出来ならまず確実に入る。

 

そして、何故かこの黙示録、復讐状態を往復したりすると0PPで撃てることがある。Twitterで黙示録 0コスで検索するとわかる。

 

0じゃなくてもずっと4のままとかもあるので、かなり危険なバグ。こうなると対戦が成立しにくい以前にBANを喰らう可能性があるので注意しよう。

逆を言うならこの方法でランクマを荒らしまくることもできるのだが…個人の良識にかけます。

 

追記

表示側だけのバグという可能性が高くなってきたが、公式にこれについて問い合わせた所調査中との事。使う際には注意しよう

 

ブラッドウルフ

 

f:id:otoko0108:20160628162514p:plain

 

最近の吸血鬼といえばこいつとダークジェネラル、裁きの悪魔のイメージがある。

早い段階での疾走2点はなかなか強力なので序盤のお供に使える。早めのデッキなら迷わず三枚積みたい。

 

ワードローブレイダー

f:id:otoko0108:20160628162439p:plain

進化時に二点飛ばして2回復は汎用性が高いが、2点では相手の場が誰も死なない事もそこそこあるので注意が必要。しかし強いことは間違いないので枠があれば入れたい。

 

ヴァンパイアライカン

 

f:id:otoko0108:20160628162355p:plain

 

PPレシオ充分なので普通に使っても強い。何より進化時にお互いプレイヤーに三点飛ぶのが強い。試合展開加速に持ってこい。

 

アルカード

 

f:id:otoko0108:20160628162321p:plain

 

切り返しのお供。こいつから反撃が始まること多し

 

どのデッキにも入る。PPレシオは少し低いが、疾走付きで復讐時に4点回復は思った以上に使いやすい。押し込み、凌ぎなど多様に使い道があるが、重いのが難点か。

 

狂気の処刑人

 

f:id:otoko0108:20160628162242p:plain

 

筆者お気に入りのKKK団。PPレシオが高いので、3PP帯なら片落ちを狙いやすい。3点ダメージも考えて使えばそこまでではないので、3PPの心強いオトモに。3点以下の時に出たら諦めよう

 

真紅の束縛

f:id:otoko0108:20160628162857p:plain

確定除去。2点ダメージも(ry

ライフが少ない劣勢時には使いどころが難しくなるが、それでもなお確定除去は強いのでデッキに入れよう。

 

蠢く死霊

f:id:otoko0108:20160628162148p:plain

多分どのデッキにも入っている。出た時1点で先攻ならばまず返しのターンでは死なないのでもう一点入れることが出来る。終盤でも残り一点をこいつで飛ばすことができるので思った以上に使いやすい。

 

クイーンヴァンパイア

f:id:otoko0108:20160628162010p:plain

 

コントロールヴァンパイアの壁。出た瞬間仕事できるのが強い

 

強い。フォレストバットを本部化(守護付与)するロード的な使い道よりも、単純にフォレストバットが二体出ているのが強い。出て来たフォレストバットも本部(守護)っているので固いしアド損しにくく、何時出しても強いのでなるたけ入れたい。

 

f:id:otoko0108:20160628130115j:plain

 

終盤、復讐時に黙示録→このカードの流れが出来れば決ったも同然なので出すタイミングも注意して使うと面白いかも。

 

エリュニス

 

f:id:otoko0108:20160628161934p:plain

 

中盤の切り替えし要員。チビに刺さる

 

すごい噛みやすい名前だが、間違いのない強さがある。

PPレシオ充分で、ライフ負けしていると相手のライフとフォロワー一体にランダム2点は弱いわけが無い。なにより条件が復讐ではないので、序盤~中盤までなら比較的容易に入る。終盤は少し使いづらいので枚数は環境とご相談を

 

セクシーヴァンパイア

 

f:id:otoko0108:20160628161710p:plain

 

コントロールヴァンパイアの切り札。こいつで試合が決る事多し

 

遅めのデッキのフィニッシャー枠。レシオは微妙だが、出た時フォロワー、プレイヤー選ばず五点ドレインは強烈の一言。疾走とは違い防ぐことが出来ないので出し得な面がある。終盤こいつを連打すれば確実に勝利は近づく。

 

更に勝ちたいなら!!

 

裁きの悪魔

f:id:otoko0108:20160628162112p:plain

 

中盤の切り替えし要員。早い段階での回復は魅力

 

強い。4PPでこのタフネスはなかなか落ちない、進化するとなお更だ。復讐時にはドレインと必殺が付くので延命しながら巻き返しを図る事が出来る。そしてこいつは効果がファンファーレだ。

つまり復讐時に出してこいつの効果でドレインして復讐でなくなったとしても復讐ドレインは付いたままである。場に残れば残るほど有利になる+高いタフネスに必殺持ちなので殴り合いがものすごく強い。是非入れたい一枚

 

 

ダークサモナー

f:id:otoko0108:20160628162042p:plain

覚醒が強い。大抵の奴は覚醒で+2/+2なのだが、何故かこいつは+3/+3だ。並の性能も充分なので序盤テンポを失いたくないなら、2マナ生物のメインをこいつにしてもいい。

 

 

メドゥーサ

f:id:otoko0108:20160628161854p:plain

ヴァンパイアが誇るジェームズボンド。このジェームズボンドのとおり、ヴァンパイアは全体的に殺される前に殺すというイメージで戦うと結構いけたりする。

 

MTGのいわゆる先制と、攻撃時限定の必殺を持っているので自分はダメージを受けずに相手を確実に殺せる。

 

f:id:otoko0108:20160628130957j:plain

 

殺される前に殺すの具現形で尚且つPPレシオもそれなりにある。

攻撃された時には発動しないからそこには注意したい。

 

 

 

あると便利かも!?

 

スイートヴァンパイア

f:id:otoko0108:20160628161628p:plain

ドレインは強い。PPレシオはケツデカだが、それでもドレインが強い。頼れる2PP枠。ドレインが強い

 

 

リリム

 

f:id:otoko0108:20160628161526p:plain

 

タフネスが心もとないが、プレイヤーを殴れれば計三点入るため火力高い。序盤にこいつと処刑人が殴れればかなりダメージが稼げるがアド損しやすいので頼りすぎるのは危険だ

 

アビスビースト

f:id:otoko0108:20160628161500p:plain

セクシーヴァンパイアの下位互換。とは言えPPはこちらの方が低いので早めのデッキには入るかも知れない

 

デモンストーム

f:id:otoko0108:20160628161415p:plain

 

全体三点もそうだが、相手プレイヤーに三点飛ぶのもなかなかの魅力だ。終盤3点ではフォロワーが死なない事も多々あるので全体除去として過信するのはやめよう。全体除去は黙示録先輩の役目だ

 

鮮血の花園

f:id:otoko0108:20160628141704p:plain

たまに入っているのを見かける。問答無用でお互い1点飛ぶし置物なのでこれを処理できずに死ぬこともある。ただし、生物でないのでダメージは加速しにくい。

 

インプランサー

 

f:id:otoko0108:20160628140504p:plain

 

早めのデッキの切り札。こいつとダークジェネラルで事故死なんてのもよくやるので、ビート系統なら積んで損は無いだろう

 

というわけで、個別紹介はここまで。次回はロイヤルでAにまで行く為の方法をアップしたかったがニュートラルを忘れていたため、まずはニュートラルを。

 

他のヒーローも見たいって方はこちらのリンクの下段からどうぞ。各ヒーローの紹介に飛べます

www.otokono-syumi.net