趣味全開!!漢大好き男のブログ

漢を愛する男—――そんな男のブログ。Twitterやってますのでお気軽にフォローしてください。@otoko0108 何かご依頼などがあればTwitterのDMまで

ニュートラル編 勝てない貴方に送る「今日」から勝てるシャドウバース shadowverse

個別紹介も一通り終った処で、さあ悩めるロイヤル朋友(ポンヨウ)のためにAランク到達レシピ上げるかと、私は遠足出発直前の小学生のように意気込んでいた。

 

f:id:otoko0108:20160629165720j:plain

 

朋友。いいですね、この言葉。ロイヤル朋友。使っていきましょう、皆さん。

 

と、調子こきまくっているところにTwitterの知り合いからこういう通知が来た

 

ニュートラルは???」

 

f:id:otoko0108:20160629170236j:plain

 

 

忘れてタアアアアアアアアアアアアアアアアア

 

というわけで、今回はニュートラルのカードをピックします。

 

 

 ではカード紹介…その前に

このゲームの基礎的な考えはここに書いてあるので、是非一読してほしい。

 

www.otokono-syumi.net

 

すんごい基礎的な事っていうかカードゲームの基礎も結構入ってるので知っとるわwwwwwwwwwって言う方は読まなくて大丈夫です。逆に知らない方は読んでおくことをオススメしますぞ!!これ知らないとカードゲーム老害にいいようにされると思う

 

 

目次

 

 

ニュートラルとは

 

f:id:otoko0108:20160629182157j:plain

 

画像はバランスのいい山本選手。

 

どのヒーローでも使えるカード。パクリ元のハースストーンでは中立とか言われているカード。どのヒーローでも使える究極の汎用性を持っており尚且つバランスに長けるが、専用カードに比べ少しカードパワーが低いのが特徴。

しかしだから弱いと言うわけではなく、一部カードはデッキのキーカードにもなっている。見逃すには惜しいカードもあるため、今回はそれらを紹介していきたい

 

 

 

注目カード

 

ゴブリンマウントデーモン

 

f:id:otoko0108:20160629180159p:plain

 

ザ・壁。自分の場に何も居ない時ならデメリットなし。

 

聳え立つクソ壁。デメリットの代わりに謎のPPレシオを持ち、遅いデッキならまず確実に見かけるカード。遅めのデッキで中盤以降スゲー押されるって方はこれを入れて見よう。ロイヤルはこれのおかげで苦汁をなめさせられてます

 

サタン

f:id:otoko0108:20160629180250p:plain

 

フィニッシャー。遅めのコントロールならこいつ。

 

フィニッシャーとして絶対の存在感を誇るサタン。主にドラゴン、ビショップ辺りで見かける。こいつが他と違うのは除去されてもデッキがアポカリプスデッキのままなので残り10ターンはヤバイカードを連発されると言う点にある。

私を倒しても第二、第三のサタンが…みたいな感じにえげつないカードがバカスカ出てくるので、相手はとても耐えられないだろう。デメリットは超重い事と、後続を出すには引かなければならないので即効性に欠ける事。

 

ウルズ

 

f:id:otoko0108:20160629180351p:plain

 

コンボカード。PPレシオも比較的良好。

 

現状ほぼネクロ専用のカードと化しているが、こいつの利点は二つ

一つ目はファンファーレ効果なしで再召喚できるため、育ちまくった連中や進化後のめんどくさいやつを進化前に戻すお邪魔効果。17/17とかになったルーンブレードサモナーを1/1に戻していい気になってるやつに本部っぽく振る舞ってみるのも面白い

 

f:id:otoko0108:20160629200003j:plain

 

もう一つの利点は一旦死んで、もう一度出るためラストワード持ちと相性がいい。こいつでモルデカイを対象にするとなぜかモルデカイが増えるためバグと呼ばれている。良い子の皆は絶対やっちゃだめだぞ!!!!!!!

 

 

風神

 

f:id:otoko0108:20160629180843p:plain

 

全体+1/+0のパンプ。時間が経つごとにさらにパンプされる

 

こちらはほぼロイヤル専用のカード。たまにエルフも見たり?

全体パンプなので突破力とダメ押しに優れる。何よりロイヤルだと風神は5PPでセージコマンダーが6PPなので1ターン早く全体パンプ出来る。出た時に本体もパンプされるので実質こいつの初期パワーは2である。タフネスが高いのもポイント高し。ロイヤルは是非採用検討を。

 

ルシフェル

 

f:id:otoko0108:20160629180909p:plain

 

常時回復のメリットはヴァンパイアで生きる。

 

たまにヴァンパイアで見かける。こいつで回復しながら殴って来るヴァンパイアはまさに暴力。ヴァンパイアのデメリットを消しているし、余裕があれば進化して毎ターンダメージに切り替える事も出来るので相性が良い。回復もダメージも自分ターンの最後なので即効性があるのもナイス。

 

 

デモンストライク

 

f:id:otoko0108:20160629180957p:plain

 

汎用ダメージジスペル。アグロのような速攻ビートのお供に

 

除去、というよりも押し込みの火力として使われるのをよく見るし一時期私も使っていた。除去にするには頼りないが、相手の本部や自分の場を無視して3点飛ばせるのは魅力。ヴァンパイアなどには必要ないだろうが、アグロイヤルではよく見る。トドメの一枚。

 

ベルエンジェル

 

f:id:otoko0108:20160629181600p:plain

 

序盤のお供。ワンドローは心強い

 

PPレシオはゴミだが守護+ラストワードで1ドローのおかげで思っている以上に頼れる。ドラゴン、ネクロなど遅めのデッキの序盤によく見かけるしネクロの場合墓地の肥やしの関係上守護とは相性がいい。

これに限らず遅めのデッキでドローが欲しいと思った方は検討するべし。脚はひっぱらないはずだ

 

シールドエンジェル

 

f:id:otoko0108:20160623163200p:plain

 

速攻対策。心強い壁

 

このタフネスに守護持ちなのでやりたいことがよくわかる一枚。とにかく序盤持たせたいって方はこいつを入れるといけたりする。ロイヤルやネクロのちまっ濃い集団が殴って来るデッキに切れたら採用を考えよう

 

リザードマン

 

相討ち狙いの壁。進化で増える。

 

上述のシールドエンジェルが明らかな壁なのに対して、こちらは壁の中でも相討ち狙いの壁。シールドエンジェルと比較すると、相手の攻撃をしのぎにくいので試合展開が遅くならないという欠点はあるが、パワーが3で覚醒で増えるため押している状況でも強いと言う長所はある。

丸さのリザードマン、鉄壁のシールドエンジェルといったところか

 

 

エクスキューション

 

f:id:otoko0108:20160629181518p:plain

 

除去。生物はもちろん置物もつぶせる万能除去

 

置物潰しならこれ。現状置物をつぶすどころか触るカードが少ない上他の置物潰しは色々条件があったりするが、こいつは無条件で一枚破壊できるので使い勝手がいい。もちろんフォロワーも条件なく破壊できるので余った枠に一枚だけ入れると割と役に立ってくれる。冥府対策にもなる。

 

エンジェルバレッジ

 

f:id:otoko0108:20160629181055p:plain

 

アグロ対策。とくにエルフとロイヤルに刺さる

 

相手のみ全体一点は地味ながら使える。3マナと軽いので、後半フォロワーで削った後にこれで一気に破壊なんかもできたりする。とは言ってもダメージ1なので中盤以降はなかなか活躍の出番が無い。アグロのような速攻デッキがほんとにウザイと思ったら入れて見よう。

 

光の道筋

f:id:otoko0108:20160629181405p:plain

 

汎用デッキ圧縮。ウィッチやドラゴン、運命冥府エルフなどに

 

2PPで1ドローと効果は地味だが何らかの要因で手札から捨てた時にも1ドロー出来る。ウィッチならスペルブースト目的で普通に撃つがドラゴンなら神龍とのコンボ、運命冥府なら新たな運命で捨てると+1枚引けるのでアドになる。そうでなくてもデッキを圧縮したい遅めのデッキなら採用できると思う。

 

 

ギルガメッシュ

 

f:id:otoko0108:20160623163059p:plain

 

押し込み要因。疾走でパワーがそこそこあるのでキメの一発に。

 

通常だと疾走5点、進化で疾走7点は魅力。アグロの最後の一押しに使えるので、なんか決定力に欠けると思った方は一枚刺しでもいいから入れて見よう。結構変わる。

とはいえマナレシオが高いわけでもないのでほんとに押し込みにしか使えない。注意が必要

 

 

新たなる運命と冥府への道はほぼエルフ専用となりつつあるのでこちらを参考にされたし。

 

www.otokono-syumi.net

 

 

こんな感じだ。また注目カードが増えたら記事を更新したい。

各ヒーローのキーカードが見たい方は下記記事の下段から各ヒーロー紹介に飛べます。

 

www.otokono-syumi.net

 

次回こそロイヤル朋友のために記事を書きたい