趣味全開!!漢大好き男のブログ

漢を愛する男—――そんな男のブログ。Twitterやってますのでお気軽にフォローしてください。@otoko0108 何かご依頼などがあればTwitterのDMまで

今日から勝てるシャドウバース 遅漏ミッドレンジロイヤル編

 ※2016年7月14日加筆。ページの最後にAAランクに到達するのに使用したミッドレンジロイヤルの型が置いてあります。

 

前回はのフェイスロイヤル、いかがだっただろうか。勝つ時はおもいっきり勝つが死ぬときはあっさり死ぬフェイスロイヤルを使っていると現実の無常観をほうふつせずにはいれらないが、

今回のミッドレンジはPC筋トレーニングで簡単にはイかなくなった漢のロイヤルを見ることが出来ると思う。

 

f:id:otoko0108:20160702144018j:plain

 

というわけで今回はミッドレンジロイヤルを紹介したい。

 

目次

 

 

 

ミッドレンジの定義

 

 

ミッドレンジ(Midrange)とは、中マナ域のクリーチャーを中心としたデッキの総称。所謂中速デッキのこと。

ビートダウンの中でも、主にウィニーや高速ビートダウンと呼ばれるようなデッキは、軽いクリーチャーに特化し、1ターン目からアタッカー展開することを理想としている。これに対し、初速の代わりにクリーチャー1体1体の性能を重視したのがミッドレンジであり、1マナの戦闘要員をほとんど採用せず、代わりに3~6マナ域を中心とするやや重めのクリーチャーを多用する傾向にある。1マナのクリーチャーを用いる場合、それは後続のサポート役としての意味合いが強い。特にを含むミッドレンジではマナ・クリーチャーの採用が定番である。さらに、2~3マナのクリーチャーであっても、後続のサポートとしての側面が強いクリーチャーを採用することも多い。

MTGwiki---ミッドレンジより一部抜粋

 

 

ロイヤルの場合、いわゆる中速ビートである。中型のフォロワーで盤面を取ってフィニッシャーで片を付ける、くらいに考えてれば間違いない。今から紹介する二つは、その典型。

 

 

 

でるの?出るの??だめよ、まだ出しちゃダメ。遅漏系ミッドレンジロイヤル

 

二つ目はこちら。遅漏系ミッドレンジロイヤルだ。これも例によってオーレリアが足りていないので足りている方は足してもいい。

 

shadowverse-portal.com

 

 

フェイスの処にも書いたが、あくまでこれはサンプルだ。実際に使ってはいるが環境や好みによって適宣変えてほしい。他のレシピと見合わせながら変えていくのも面白いだろう。

 

これはMTGwikiのとおり、1PPを抜き代わりに中盤後半重視のパワーカードを採用している。ロイヤルの癖に遅いので並の中速デッキ相手にイカされそうになることも少なくないが、そこは守護やフローラルフェンサーの進化で場を盛り返そう。

 

早漏フェイスと比べると即効性に欠けるが中盤から終盤前半の場の制圧力に長けていることとPPカーブ(PPデータの曲線)が安定しているのでものすごい事故は起きにくい。ただし、起き上がりの遅さやマリガンについては若干妥協しなければいけない面もある。

 

これはフェイスとは違い、運用法に若干の注意がある。分っている方は読み飛ばしてくれて構わない。注意点は以下の通りだ

 

 

  • 遅くなるが諦めない。ワンチャンカードが結構ある
  • 基本は盤面を抑えにかかる。
  • 乙姫はキーカード。ぶっぱなしで使うのではなく試合中状況を見て出すべし。狙いどころは全体除去や相手が頑張って場を更地にしてきたときの返し
  • オーレリアやフロントガードジェネラルは単純に守るだけでなく、攻めてる時のダメ押しとして使うのもかなり強い。横に並べたトドメにこういう固めの奴を出せば押し切りやすい
  • ツバキはタイミング。相手がドラゴンなら握り、ゴブリンマウントデーモン進化など、デカブツが出たら即ぶち殺そう。ネクロはじめ除去が多い相手なら墓地やハンドの余裕が無いタイミングで置いておくのもいい。潜伏なのでまず死なない。

 

 

 

このデッキは9~10ターン目くらいに勝つ事を想定しているため、序盤の立ち上がりに少し難がある。

この立ち上がりの遅い瞬間に、盤面を押されやすい。イカされそうになったら迷わず進化や本部(守護)に頼ろう。

 

 

f:id:otoko0108:20160701222520j:plain

 

 

闘争(やり)たいより守護(まも)りたいマジでのフォロワーがなんとかしてくれる。その調子でピクルも守護ってほしい

 

 

特にフロントガードジェネラル、アルビダが強いのでPPがあったら出来る限り出してほしい。

 

 

まとめると

 

長所

  • 中盤から終盤の制圧力とパンプによる瞬間火力
  • 除去もあるのでデカブツ相手の処理がフェイスに比べるとしやすい
  • 守護と疾走によるデッキトップからのワンチャンもあるためねばり強い
  • フェイス含め速度型に強い
  • アグロネクロにはまだいける

 

短所

  • 序盤の立ち上がりが遅いので何もできないまま死ぬ事もある
  • 並ばないと弱い
  • フェイスほどではないが全体除去に弱い。ロイヤルの宿命
  • 軍師の妙策のタイミングが難しい
  • ビショップに弱い
  • そこそこ高い。課金推奨
  • ネクロコンやミッドレンジネクロにはかなりきつい

 

 

 

 

あのバランスのいいロイヤル選手が…ッ!バランス型ロイヤル

 

f:id:otoko0108:20160701224330j:plain

 

 

で、A1の現在使っているのがこれ。上記二つの中間だが、どちらかと言えばフェイスよりのバランスデッキ。

 

shadowverse-portal.com

 

どっちつかずに見えるが、現状これが一番勝率が良い。

 

こいつの最大のポイントはネクロやドラゴンに上記二つよりも勝率が高いこと。とくにドラゴンには相性良しなのでドラゴンに困っている方は是非使ってみてほしい。

 

このデッキの運用方法も簡単、猿でもできる。盤面を取りながら並べて一斉パンプだ。

 

f:id:otoko0108:20160701224938j:plain

 

兵士横並びと乙姫が............ 最も最も最も最も最も最も最も最も最も最も最も最も最も最も 最も恐ろしィィマギィーーーーッ

 

 

1~3ターン目

 

  • 可能な限り数を出す。
  • 歴戦のランサーが強い。相手の1PPフォロワーを封じてくれる
  • わがままプリンセス、アセンティックナイトで場を増やせればいい形

 

4~6ターン目

  • 増やしたフォロワーを一斉パンプしにかかる。
  • 盤面が足りてないと感じたならフローラルフェンサー進化やノーブルナイト、勇猛なる騎士で増やそう
  • パンプは風神、旗、あれば何でもいいがパンプしたならなるたけアドバンテージを取りたい。状況にもよるがダメージよりも盤面、アド重視で。
  • セージコマンダー進化からの一斉突撃は最終兵器。これで大勢を決めることがよくある

 

7~ターン目以降

  • 乙姫、セージコマンダー、場に残った旗が生きてくる頃。
  • オトヒメサマヲオトヒメサマヲオトヒメサマヲ!!乙姫は出来る限り相手の手札を使わせてから出すべし。こいつでトドメを刺す感覚で使えばよい
  • 乙姫は状況を見て、進化出来るなら親衛隊を進化させて乙姫のタフネスを保たせるのも強い。タフネス4なので思ってるより死なない。死んでも親衛隊が居る

 

まとめると、

 

長所

  • 割とどんなデッキにも戦える
  • ランクマに多く存在するドラゴンに強い。
  • わかりやすい。4PPくらいまで並べまくって5PP以降はパンプか除去か乙姫か。
  • 瞬間火力、速さを兼ねている。
  • 中速、速攻には上以上に強い
  • ネクロには上やフェイス以上に勝てる

 

短所

  • 少々課金が必要
  • ゴブリンマウントデーモンがちょっときつい。
  • 遅めのネクロはかなりきつい
  • 乙姫があるとはいえ全体除去はきつい。連発されると死が見える
  • 死の祝福と腐の嵐は無理。特にこれらを合計三枚放たれたらまず勝てない

 

※2016年7月14日追記

 

AAランクに到達したので、AからAAランクまで使っていたミッドレンジロイヤルを置いておきます。

 

shadowverse-portal.com

 

私が考えるAAに行く方法はこちらから

www.otokono-syumi.net

 

 

 

 

 こんな感じだ。いかがだろうか?最近ロイヤルに厳しい環境になって来たが、それにもめげず頑張るロイヤル朋友を私は抱きしめてキスしてあげたい。

 

f:id:otoko0108:20160702143456j:plain

 

次回はバカネタデッキの威光デッキを晒したい。ネタ全開でいきます