趣味全開!!漢大好き男のブログ

漢を愛する男—――そんな男のブログ。Twitterやってますのでお気軽にフォローしてください。@otoko0108 何かご依頼などがあればTwitterのDMまで

今週の刃牙道感想ッッ 第116話「獣」

まずは刃牙25周年おめでとうッッッ

そして遂に…遂に遂に遂にッッッ!!!刃牙アニメ化ァァァァァ!!

 

f:id:otoko0108:20160709195929j:plain

 

苦しい事もたくさんあったが生きててよかった…

皆さん、苦しい事もあるだろうが希望は捨てないように。

 

 

そして今週の始まりは東京ドームの俯瞰図から。

 

 

f:id:otoko0108:20160709200419j:plain

 

この図、Twitterで人気のファルコン・ランチの撮り方に似ている。だがむこうと違うのは板垣先生の描く飯はうまそうということだ。あっちはだいたい…うん

 

前置きが長くなったが、みっちゃんが闘技場に入るとチラホラと人が散見されるだけだ。いつもの超満員ではない。

 

「なんと なんとなんと」

 

シーブックをリスペクトするかの如くなんとを連呼するみっちゃん。それもそのはず、一般客ではなく刃牙や独歩、ジャック等の超手練れたちだけが会場に居るのだ。…でも

 

 

f:id:otoko0108:20160709200527j:plain

 

 

この下段の奴ら誰???見た事ないけど手練れなのだろうか。あと何故本部が居ない。まだ警察に捕まっているのか…

 

「なるほどの…興味本位ではない。」

 

 

ここに集まったのは強さをその生き甲斐としてきた者達だ。興味本位の一般人は武蔵VSピクルという確実にどちらかが死ぬ残酷カードを見たいとは思わないのだろう、烈さんの件もあるし。

 

逆に戦う事、鍛える事に重きを置いてきた男達からすると武蔵とピクルと言う超ビックカードを見逃すわけにはいかない。本部が居ないのはそこに重きをおいていないからだった…?

 

「みたいのは「闘争(たたかい)」であって「公開処刑」ではない!

みたいのは「勝負」であって「殺戮劇」ではない。」

 

烈さんの時もそのどちらでもなかったのだが、かなり強さに開きがあった事と結果烈さんが斬殺されてしまった為、ガチの真剣勝負というか殺し合いを見慣れない観客からすると公開処刑に映ったのだろう。

 

だが、今回は違う。烈さんを物差しにするならこの二人はどちらも彼を圧倒した奴らだ。片や無限タフネスハイパーパワーの原人、片や戦国最強。その勝負が簡単につくわけが

 

f:id:otoko0108:20160709200707j:plain

 

「嘗めるな皆の衆。Tレックスの天敵がおめおめとぶった切られるタマか?」

 

f:id:otoko0108:20160709200723j:plain

 

「タマか」

 

つくんかいッッッッッ!!!

 

といったところで今週は終り

 

 

まあ実際終わらないだろう。気になるのは最後のページの擬音だ。

ザンッ、やザシュではなくガッである。武蔵と言えど簡単には斬れないだろう…たぶん。ぬるぽ

 

現実でも格闘技選手でマーク・ハントという選手が居るが、この選手通常の人間に比べて頭蓋骨の厚さが二倍あるらしい。どれだけ打たれ強いかと言うとこれだけ打たれ強い.

 

レイ・セフォーvsマーク・ハント by 偽マックⅡ スポーツ/動画 - ニコニコ動画

 

相手のレイセフォーも当時K1きってのハードパンチャーと呼ばれKOを量産してきた。にも拘わらずこれだ。ならばピクルの頭蓋骨の分厚さ、そもそもの人間やめてる度を加味するとこのまま殴りぬけそうだがどうだろう

 

 

ここで試合会場に居なかった本部が会場に乱入。先週注意を喰らった警官とペイン博士を連れて法と権力を盾に守護る新たな守護道に…無理か。無理だよな。。。しかし本部どこいった???