趣味全開!!漢大好き男のブログ

漢を愛する男—――そんな男のブログ。Twitterやってますのでお気軽にフォローしてください。@otoko0108 何かご依頼などがあればTwitterのDMまで

今週の刃牙道感想ッッ 第117話「筋」

武蔵VSピクル、ついに激突だ!!

 

つっかけるピクルに武蔵が刀を振ったところまでが先週だったが、今週は少し戻り武蔵が刀を振る寸前から描かれている。剣を抜いて斬る…ただそれだけの動作が美しく、ただそれだけの動作で4P使っている。大盤振る舞いだ。

 

「むんッッ」

 

そしてピクルの顔面に直撃するが…

 

f:id:otoko0108:20160715210431j:plain

 

斬れていない!!刀でピクルを支える武蔵の筋力も相当なものだが、その筋力でさえ切れない!!独歩ちゃんの時と違い相手を気遣っているわけではなさそうだ

 

「武蔵の剣が止められている!!?」

 

f:id:otoko0108:20160715210626j:plain

 

f:id:otoko0108:20160715210638j:plain

 

なんじゃこりゃあ!!?筋肉でからめとって止めているのか!!?そんなのありかよ

 

 

だが、これぞ刃牙と言う破壊力のある構図だ。しかも「表情筋(かおきん)」と「上半身筋(からだきん)」いいね。スゴクいい

 

「天晴れなり肉の宮

 

武蔵が今迄に見せ事の無い顔で称賛の言葉を送る。手にはびっしりの冷や汗だ。まさか筋肉で止められるなど誰が想像しようか。勇次郎はイメージ斬撃を骨で止めたが、ピクルはそれに辿り着く前の筋肉で止めている。

 

異常なタフネスを誇る勇次郎ですら武蔵の刀の前に逃げるしかなかったが、やはりピクルの筋力は範馬一族を遥かに凌駕しているということか。

 

刀を表情筋(かおきん)と上半身筋(からだきん)でとめたまま、返す刀でぶん殴るピクル!!さすがの武蔵もこれには耐えきれず一撃で端まで吹き飛びダウン。

 

「けけ………ッッ

け…ッッ

決着(けり)か!!?」

 

 

みっちゃんがカミカミで言う。見る限りでは武蔵は意識を失っているが…

 

同時にピクルの筋肉も緩み、刀が落ちてくる。それと伴ってピクルの表情筋(かおきん)と上半身筋(からだきん)から血が噴き出す。だが骨まで達していないので傷は浅いしましてやピクルだ。動くのには何の支障もない。

一同が固唾を飲んで見守る中、武蔵は(多分)気絶中。ピクルは武蔵の剣を握った…というところで今週は終り。

 

 

いやあ、骨で止めるかと思いきや筋肉で止めそのまま殴り返すとはなんという展開だろうか。斬られるわけはないと思っていた読者が大半だろうが、表情筋(かおきん)と上半身筋(からだきん)で止めるとはだれが予想しただろうか。

 

武蔵はダウンし、気絶しているように見えるがどうだろうか。まだ二刀流を出していないのもあるしそもそも烈さんとの戦いで擬態を使っている。

 

このままハイ終りで済むとは思えないが、仮に擬態だとしてもピクルにはジャックの仮死状態を見破った経験がある。並の擬態ではピクルに見破られるのがオチではないだろうか。相変わらず先が読めない。。。

 

そして本部よ…お前はどこに行った???