趣味全開!!漢大好き男のブログ

漢を愛する男—――そんな男のブログ。Twitterやってますのでお気軽にフォローしてください。@otoko0108 何かご依頼などがあればTwitterのDMまで

サクッと勝ってもりもり稼ぎたい。ウォーブレ【WAR OF BRAINS】ビルド戦の勝ち方

ウォーブレのNEURO稼ぎの最大効率…それはなんといってもビルド戦で勝つこと、これ以外にない。

レベルアップとランクマのランクアップ報酬は正直微々たるものであるし時間効率がよくない。そういうわけで稼ぎたい方はビルド戦をすべし。

 

 

すべし…なのだが、なかなか勝てない方が多いのではないだろうか。

正直私も最初は

 

「いやいや、わかんないゲームでもね。

HSやシャドウバース、それにMTGのシールドもやってたから…

ま、多少はね?

 

みたいな正直調子に乗った感じで挑んだら見事にNEUROとビルド戦チケットを無駄にしまくった。

 

こんな思い、2度とほかの人にさせてはなるものかと思ったためこの記事を書こうと思い立ったわけである。

 

だが私と同じようにそこそこのカードゲーム経験者であってもシャドウバースやハースストーンと同じノリでやると4勝5勝が難しく感じる方もいると思う。

 

そこで今回はビルド戦の勝ち方、デッキメイキングのコツなどを紹介したい。

 

ちなみにシャドウバースの2picks記事はこちら。

 

www.otokono-syumi.net

 

基本的な考え方は一緒なのでこういう限定構築が苦手な方は参照されたし。

しかし環境がまるで違うためピックするカードが全体的に異なってくる。これにも注意されたし。

 

f:id:otoko0108:20161211010947p:plain

5勝は感覚的に黒が一番しやすい感じがする。除去の豊富さと全体除去のしやすさがグンバツなので安定感が高い。

 

目次

 

 

ビルド戦とは

 

シャドウバースやハースストーンでいうところのアリーナ。

プレイヤーはランダムに決められた国家で戦うこととなり、3枚ずつ表示される中の1~3枚をピックして合計30枚のデッキを構築して戦う。

全5戦で報酬はシャドウバースよりも若干おいしい。詳しい報酬は随時追加していく。

 

 

ビルド戦、そのコツ&注意点

 

アリーナ慣れをしてる方やMTGのドラフト慣れをしている方は読み飛ばしてもらって構わないが、シャドウバースと同じ感覚でやるとうまいこといかないという方は読んでほしい。

 

では始めたい…と思うのだがごちゃごちゃ書いてもなんなので箇条書きにしてみた。

 

 

  1. 強いカードを取るべし
  2. マナカーブを意識するべし
  3. 速さはクオリティを凌駕する
  4. 取りたいものがないなら1枚だけにすべし

 

ざっとこんな感じだ。では1から順にみていこう

 

1.強いカードを取るべし。

 

GCやSRのようなレアカード、もっと言うなら除去ができるカードやスペックが高いカード、ハメができるカードなどであろう。

 

例えばウィットフードのようなソウルバーストと組み合わせて全体除去が行えるカードや白獅子などの単純に超強いカードなどがあげられる。

 

f:id:otoko0108:20161210235917p:plain

ウィットフォードは本当に強い。1枚で爆アドを稼げるうえ確実にダメージが入るのが魅力だ。ご機嫌なBGMもグッド

 

 

 

この手のカードは迷わず取ろう。国別のGCはヴェーナ以外ピック安定と言える。

 

それ以外にもラッキーのようにスペック及第点&ガーディアンのようなカードもほしい。理由は単純で対抗できるカードが少ないからだ。

 

特にビルド戦のような自由にカードを入れられない環境では対抗できるカードが少ないどころかデッキに入っていない可能性もあるわけで、そうなると俄然カードパワーで押しきれる可能性が高くなる。なのでなるべく取ろう。

 

 

そして高スペックモンスターと同じくらい除去もほしい。やはり盤面に触れることができると戦況を有利に進めやすいので勝ちにつながる。

除去の中でもジャッジメント・ゼロやギャラックのような全体除去は出たら必ずピックしたい。現環境のビルド戦ではこれの有無が大きく勝敗を左右するだろう。

 

f:id:otoko0108:20161211002555p:plain

全体除去は偉大。あるのとないのとでは月とスッポン、ケーキとうんこ。

相手に出されたら迷わず納豆そば

 

2.マナカーブを意識すべし

 

ここも知っている方は読み飛ばしてもらって構わない。

マナカーブの語源はMTGで、デッキのコストを棒グラフ上にあらわしたときに描かれる曲線のことである。詳しくは下記リンクを参照。

マナカーブ - MTG Wiki

 

f:id:otoko0108:20161211010947p:plain

 

画像の30/30と書かれているところに0~8までの数字と棒グラフがあるのがわかるだろうか。これがマナカーブである。

この時は除去が有り余るほど出たのでピックしまくりこういう形になったが、基本は2か1を頂点としてそこから山なりに下っていくように構築したい。

 

なぜ2か1なのかというと事故防止である。確かに8や7のカードは強いが序盤に手札に来ても使えるまでの間隔が長く結果的に手札で腐ってしまう。

手札で腐れば動きが止まりやすくなり、結果死にやすくなる…といった具合である。

事故って死ぬのだけは一番まずいのでとにかく事故らないようなデッキを作ろう。

 

3.速さはクオリティを凌駕する

 

結論から言うとこのゲームのビルド戦は強いウィニーか強い除去が入ったデッキを作れば勝てる。

なぜか?単純に除去が少ないから…とくに全体除去は数えるほどしかないし黒と青以外はなかなかに重い。黒も黒で全体2点ダメージだしジャッジメントゼロもパワー2以下なので取りこぼしが発生する可能性もままある。

 

ならば、軽いカードをひたすら並べまくって5ターン目くらいからハンドorメモリのハンドを選択しまくり弾切れしないように次々軽めのモンスターを出していけば強いという発想に誰もが行き着くだろう。

そういうわけでビルド戦は基本的に速さがデッキクオリティを凌駕する。

もしくは全体除去が複数枚あったり除去が大量にあることが条件だろう。

 

f:id:otoko0108:20161211004540p:plain

つまりビルド戦のラッキーは神。3ターン目に出れば高確率でひるむ。

出されたら僕は切れます

 

4.取りたいものがないなら1枚だけ選ぶべし。

 

このゲームは2picksと違い3枚の中から1~3枚選択してデッキを構築する。

なんかどれもパッとしねーなというときは無理せず1枚だけ選んで次に回そう。その分カードが表示される枚数が多くなりチャンスが生まれる。

それでもどれもいらねーって思うときは軽いやつをピックしよう。速さはクオリティを凌駕する。

 

 

まとめ

 

ビルド戦で勝てねーって方は戦術がどうこうよりも構築戦略のほうに重点を置いたほうが良いと思う。

そしてこのゲームの構築戦略は基本的に早いカード、強いカードを無理せずピックし続ける。パクれるデッキレシピも少なく、慣れていない方にはつらいかもしれないが構築のコツさえつかめれば必ず結果は帰ってくる。

 

それにこれになれればデッキ構築のスキルが上がるし報酬もウハウハでデッキ試算も左団扇だ。

さあ、みんなもビルド戦に出かけてじゃんじゃん稼ごう!!