趣味全開!!漢大好き男のブログ

漢を愛する男—――そんな男のブログ。Twitterやってますのでお気軽にフォローしてください。@otoko0108 何かご依頼などがあればTwitterのDMまで

【シャドウバース】スペルブースト=プロテイン 暴力と肉体言語で語るテンポウィッチデッキ紹介

そのどっしりとした存在感や知性の高さから賢人やの王といったイメージがあるが、ウンコを投げるに代表される汚いエピソードから、はあるが頭が悪いあるいは下品な男の代名詞にもなっている。
また単純に顔がいかつくて色の人はゴリラ顔と呼ばれ、大抵は蔑称として扱われる。

ニコニコ大百科ーーー「ゴリラとは」より

 

 

皆さん、この年の瀬に来た新環境。いかがお過ごしだろうか?

ディスカードドラゴン、ロイヤル、サハクィエル砲などの新デッキはもちろん、

超越・冥府をはじめとする初代から続く強デッキの中で過酷あふれるランクマをお過ごしであるとは思う。

 

特にランクマの黎明期はぶっちゃけムズイ。

様々なデッキが跋扈してそれの対応それの対応、などをやっていると知らず知らずの間にデッキが変容し気づけば勝てなくなっている―—―そういう悪循環に陥りがちだ。

 

だがそういうときにこそ信じられるものがある。単純明快で複雑さのなく、それでいて強力なもの。

それは―—―――

f:id:otoko0108:20161231175347j:plain

 

筋肉だ。

 

ならばこの過酷あふれる世界で信じられる生物は一つ。筋肉を大容量搭載し、人間から力の権化として見られている生物

 

f:id:otoko0108:20161231175818j:plain

 

ゴリラだ。

鍛えていない人間より鍛えた人間のほうが強く、

その人間よりゴリラのほうが強い―—――なんてのは言わなくてもわかりきったことだろう。

ならば勝つためにはどーする?

 

なっちゃえばいいじゃん、ゴリラに。

f:id:otoko0108:20161231180059j:plain

 

というわけで、今回はゴリラ的暴力を誇るドロシーテンポウィッチを紹介するぞ

さあ君もつまらない「倫理観」を捨ててゴリラになろう。

 

ゴリラウィッチ的デッキレシピ

 

あくまでサンプルなのでまた変わるかもしれないが、現在ランクマではこんな感じでやっている。

 

shadowverse-portal.com

 

生成が14400なのでうまくやれば無課金でもできなくはない。

もうちょっと安めにしたいならレヴィをマナリアウィザード・クレイグにする方法もある。

クレイグの場合は紅蓮の魔術が出ないのでボード制圧力や瞬間火力、手札にスペルしかないときの弱さなど汎用力で劣るがゲイザーやドロシーをとにかく早く出せるのでスピードがあがる…かもしれない。

 

さて、このデッキの特徴はダメージもそうだがデッキ圧縮にも力を入れている点にある。理由は太い勝ち筋のドロシー、ゲイザーを早いターンでドローできるようにするためだ。わかりやすいスペブキャラで圧倒するためにデッキを圧縮して手札に来る可能性を増やしている。

超越・冥府等の遅いデッキはなんとかなるし、それ以外の大抵のデッキにもおそらく五分以上つけられる。

欠点としては勝ち筋がまさにそのドロシー&ゲイザーな点ぐらいだろうか。

 

これ以外にもフォロワーに寄せたテンポウィッチもあるが、まだ調整中なので調整出来次第こちらにアップしたい。

 

ゴリラ的運用方法

正直ないともいえるが、これだけは覚えてほしい。

このデッキを使う上でまず心得ておきたいのは信じて顔面を殴りぬけ、ということだ。

 

f:id:otoko0108:20161231181941j:plain

 

というのもほかのビートダウンと違う点はやってることがフェイスなのにできることが多い。除去ってボードとったり、フェイスもかくやという勢いで大量展開したり、ドロー力もあるので選択肢がビートダウンでは考えにくいレベルである。

 

なので実際テンポウィッチは迷うことも多い。僕も初めはそうだったが、ランクマでも迷った挙句プレイミスをして死んでいくテンポウィッチを数多く見かけた。

 

マスターランクでさえこれなので下のランクならばもっと、というところだろう。なまじっか考えたりするからそういうことになる。

 

だから心得てほしい。このデッキを使う際には

自分とデッキを信じて顔面を殴りぬけ。そうすれば筋肉達(カード)は必ず君にこたえてくれる。