趣味全開!!漢大好き男のブログ

漢を愛する男—――そんな男のブログ。Twitterやってますのでお気軽にフォローしてください。@otoko0108 何かご依頼などがあればTwitterのDMまで

テンポウィッチについての研究と考察~~テンポウィッチの強みと倒し方編~~

正月は酒を飲んで倒れていました

今日から更新頻度戻ります

 

f:id:otoko0108:20170102235513p:plain

 

どうだろうみんな。この画像を見て何が思い浮かんだだろうか。

僕は今、このドロシーに可能性を見出している。シャドウバース、バハムート降臨環境唯一のビートの可能性を。

 

バハムート降臨環境ではロイヤルがあまりに息ができなさすぎる。というのも各リーダーに低コストの2点や3点のスペルが増えてしまったのでロイヤルの主軸である低コストからつなげていくビートが機能しにくくなっている。

 

タイムマシンがあったら間違いなく強いとか言ってた過去の自分のもとに言って横で

 

「w」

 

薄笑いを浮かべながら鼻くそをぶつけているだろう。

 

なんにせよ、このままではロイヤルがとてもじゃないができる環境にない。ないのでロイヤル朋友が流れそうなわかりやすく、類人猿向きのデッキであるテンポウィッチを研究しようと思う。

 

目次

 

テンポウィッチとは

ご存じの方も多い、というかみんな知っていると思うが一応 下記記事参照。

www.otokono-syumi.net

 

スペルブーストで早くなって殴る…いわゆる単純なゴリラデッキである。

これを難しく感じるのは倫理観を捨てきれていないというか、人間性をささげられていない人たちである。なっちゃえばいいじゃん、ゴリラに

 

テンポウィッチの強み

 複数あるような味のあるデッキではなく、類人猿でも窘める難易度なので強みの種類はさほど多くない。何かというと、

 

①大量のダメージスペル

②早い段階での大量展開

 

この2種類だと思う。

 

①はもうやはりウィッチなので豊富な。それこそ他のヒーローが羨むレベルで優秀なスペルが存在している。

だが注意してほしいのはどのスペルも何をするにしても90%以上守護か顔面のみにぶつけるということである。ここに良い考え方のブログがあるので参考にしてほしい。

maruku0.com

ゲームは違うが考え方は同じだ。

まず顔面である。

次に顔面である。最後に顔面である

 

 

脱線したので話を戻そう。

追加されたルーンの貫きをはじめ、バーンっぽいカードが多く存在しているので呪文での細かいダメージの削り切りにはとても強い。

どういうことかというと、フォロワーで大ダメージを与えた後なら全体除去や守護が切り返し足りえないということである。ロイヤルなんかに比べると全体除去に対する怖さはかなり少ない。だがこれは裏を返せば回復に弱い、ということでもある

 

 

次に②についてだが、僕が思うこれについてのキーカードは4種類。

 

 

f:id:otoko0108:20161224201838p:plain

f:id:otoko0108:20161209174422j:plain

 

ドロシー、クレイグ、クラーク、他軽量スペルとドローである。

特にクラークはこんなことしちゃっていいのかというくらい強いのでテンポウィッチで3積みしないは「ない」。みんな絶対積もうぜ!!

 

軽量スペルを生み出すレヴィなども候補にあがるが、こいつは進化前や進化を使い切った後ではほぼヴァニラだ。強いし汎用性はあるのでクレイグとは一長一短だが、やはり早期のドロシー召喚につなげるクレイグ、クラークの存在が大量展開を可能にしているといってもいい。

 

そして大量展開の種類だが

 

①ドロシーからのスペブフォロワー連打

②ドロシー経由なしにゲイザー連打

 

どうもこの2パターンに落ち着く気がする。とはいってもドロシーからスペブフォロワーってだいたいゲイザーなんで、結局のところゲイザー+αをどれだけ展開できるかにかかっていると言っても過言ではない。

 

f:id:otoko0108:20161220150252j:plain

 

いろいろ書いたが勝ち筋は実際のところ

ドロシーを「早い段階」で撃てるかどうかにかかっている。

難しくなく、そのうえで強力なのだが筋の種類はほぼこれのみだ。

 

ドロシービート、その倒し方

 

あれこれと書いたが、テンポウィッチはなんやかんやで結局のところビートなのには変わりはない。

そのビート、というかいわゆるアグロの弱点として一般的なものは

 

①全体除去、もしくは複数ダメージ

②回復

➂守護

 

のこれら3点が該当する。アグロイヤルやヴァンプを思い返していただければ納得していただけるだろう。

 

もちろんテンポウィッチも御多分に漏れず上述した3点に弱いので倒したい場合はこれらを搭載すれば良いのだが、テンポウィッチの場合はただのビートと違い「瞬間的に大量展開」できるので以上の事柄に加えて

 

④①~➂を早い段階で使用できる

 

デッキが弱点となる。つまりちまちま墓地をためなければならないネクロやどうしたって時間のかかるドラゴンにはテンポウィッチを相手どるのは正直難しい…と今の段階では考えている。

 

でもそんなデッキあるのかよ、とお思いの貴方。

実はあるんです。

 

コントロール。もしくはミッドレンジヴァンパイア

土ウィッチ

 

この2種類だ。

 

コントロールヴァンパイアはワードロ、ディアボリックドレインのような早い段階での除去兼回復がテンポにかなり機能する。黙示録にいたっては今更説明するまでもないだろう。

f:id:otoko0108:20170103004806p:plain

 

 

それでもコントロールヴァンパイアは速さでなんとかできることもあるが、

 

土ウィッチは上級アルケミスト、破砕の禁呪、ノノの秘密実験等テンポウィッチを殺すために生まれたかのようなカードに満ち満ちているので、本気でゲロを吐くレベルできつい。正直土を見た瞬間投了したい。

 

 終わりに

 

要するにドロシーは強くて早く引ければ勝つ。引けなければきつい。

ひけても土とコントロールヴァンプはきつい。

なのでどうしてもドロシーが憎くて憎くてたまらないなら土ウィッチかコントロールヴァンパイアを使いましょう。たぶん土のほうがドロシーに対して強い。

 

次回はマリガンなど一歩踏み込んだ戦法の考察を行いたい。