趣味全開!!漢大好き男のブログ

漢を愛する男—――そんな男のブログ。Twitterやってますのでお気軽にフォローしてください。@otoko0108 何かご依頼などがあればTwitterのDMまで

テンポウィッチについての研究と考察 そのゴリラ的使い方とメタデッキ対策について

 

ルイ13世というお酒を飲みました。

お酒に弱い自分でも飲めるとても上質なブランデーでしたが20万しました。

クリスタル10万個買えますね

 

 ※この記事は2017年1月7日に一部追記されました

目次

 

テンポウィッチとは

 

もう当ブログでは何回か紹介しているがおおまかな概要は以下のリンクで紹介している。

初めて訪れた方やテンポウィッチのレシピを知りたい方はぜひご一読ください。

www.otokono-syumi.net

だいたいこんな感じ。

 

ちょっと踏み込んだテンポとかテンポに強いデッキを知りたい方はこちらをご一読いただきたい

www.otokono-syumi.net

 

テンポウィッチに対する対策カードと相性が良いデッキが乗っている記事はこちら

www.otokono-syumi.net

 

 

今回の記事は上述のゴリラの画像の記事で書いた戦法をさらに踏み込んで解説する。

まああんまりないんだけど、さらに踏み込んだ説明をする理由はゴリラとなるために「倫理観」や「常識」を捨てていただきたいからである。

 

ゴリラ的マリガン

 

さて、しょっぱなではあるがこれが一番の落とし穴である。ウィッチ的に見ると一見使えそうなウィンドブラストや虹の輝きはマリガン対象である。正直スペルだけなら全マリガンだ。

 

なぜならスペルブーストを活かして速攻でフォロワーを並べるデッキなのに手札にスペブフォロワーが居なくては意味をなさないからである。

 

そしてこのデッキは基本的にスペブしながらドローする、もしくはドロシー後にドローするので初手ドロー系統で攻めても特に意味がない。

 

なので基本的にキープするのは

 

ドロシー

f:id:otoko0108:20170102235513p:plain

 

ゲイザー

f:id:otoko0108:20161220150252j:plain

 

クラーク

f:id:otoko0108:20161209174422j:plain

 

この三種だ。理想はこれ+スペブフォロワー、軽めの呪文があること。

 

基本的にドロシーが出ればドロシーは即キープ、他は呪文とか軽めのフォロワーがあればだいたいなんとかなる。ゲイザーは早いターンに出たら強いからという理由。ほんとそれだけ。

クラークだけはちょっと特殊だがこいつはスペブフォロワーが手札に来た時のリターンがかなり大きいので劣勢をまくれる可能性を十分秘めているのでかなり残しておきたい。

テンポと対戦した時に3T目によくクラーク出るなあと思っている方も多いと思うが、それは単純に初手に来たらキープしてるだけの話なので別に右手力どうこうは関係ない。

もうそれすら考えるのはめんどくさいという貴方。ゲイザーとドロシーだけキープして全マリガンでよろしい。それでだいたい何とかなる。

 

ただしヴァンパイアとエルフの時だけは別でクラークよりも

f:id:otoko0108:20170103232105p:plain

f:id:otoko0108:20170103232122p:plain

 

これらを優先したい。

エルフはエンシェントが3ターン目に4/5で出てきたらどうにもならないのでせめてもの遅延、前のめりヴァンプはそのままやると結構な確率で殴り負けするのでバットとユリウスをひたすら狩ろう。

 

だけど初手にこれとゲイザー、ドロシー辺りが手札にあればほぼほぼ勝ちます。

 

 

 

このゲームのマリガンについての基本的な考え方や確率計算に関しては以下のリンクを参考にしてほしい

 

www.otokono-syumi.net

 

使用方法と対策

 

使用方法なんてないに等しいが、なまじっか知性や後ろ向きな気持ちがあると途端に負けてしまう。

 

とにかく基本的にはすべての場面で顔面に行きたい。タフネス1にスナイプを撃つなどはあるかもしれないが、守護や残すとやばい相手でもない限りフォロワー同士での相討ちはまずしないと思っていただきたい。これは禁じ手だ。

 

仮にこういう状況があったとしよう。

 

こちらの場にはクラーク、対面もクラークだとする。手札にはマジックミサイルとエンジェルスナイプがあったとしよう。

 

f:id:otoko0108:20161209174422j:plain

 

この場合どうするか?

普通のデッキならクラークとクラークで殴りあった後マジックミサイルをクラークに撃って1ドロー、アドバンテージを得る感じになるだろう。スナイプはその後おいておいたり、引いたカードの関係で撃ったりするかもしれない。

 

だがこれは普通のデッキではなくゴリラデッキなのでそういう中途半端なことはしない。ミサイル、スナイプを顔面にとばしてクラークも顔面に飛ばす。良いとか悪いとかではなくこのデッキはそういうデッキだ。

 

ほかのリーダーではリノセウス算とか次のターンがどうとかあるが、

このデッキはこのターンに与えられる最大ダメージを与え続けるのみである。

 

※2017年1月7日追記

 

そしてテンポウィッチのメタデッキに対する対策だが、基本的にないと思っていただきたい。特に土のようなどうにもならない相手に対策しようとするとドロシー型では無理がある。理由は除去にリソースを裂きすぎると肝心のフォロワーが出なくなったり事故りやすくなったりで全体的なカードパワーは落ち気味になるからだ。

 

あれよあれよと対策したいカードを入れまくるともはや原型をとどめない中途半端なデッキとなり、結果弱くなる。それなら対策なんて知らねえと言わんばかりに殴りまくるほうがよっぽど勝率は上がるだろう。

 

むしろ完全なメタデッキが土しかないので他の相手がいくらメタろうが五分以上にやれるのがこのデッキの強みである。

それでも守護がうざい場合には死の舞踏を入れよう。ほんとこれくらいだ。

 

どのみち相手が土を使っていたり対策カードを持っていればそれで終わりだし、その時の手札に持っているかどうかなんてわかんないだろ?

 

まとめ

このデッキが難しい、もしくは勝てないとか安定しないから弱いとか言っている人は人間としての倫理観や知性を捨てきれていないと見える。

 

ゴリラにそんなものはない。ただ相手が死ぬまで顔面を殴るだけである。

それでもなり切れない方には、北辰館空手の雄、工藤の言葉を贈ろう(一部脚色あり)

 

人間は「ゴリラ」に勝てねェ。

HSもシャドバもしてねェゴリラにだ。だったらどーするよ。

 

f:id:otoko0108:20170103235007j:plain