趣味全開!!漢大好き男のブログ

漢を愛する男—――そんな男のブログ。Twitterやってますのでお気軽にフォローしてください。@otoko0108 何かご依頼などがあればTwitterのDMまで

勝てない貴方をSに押し上げたい。Sになった僕が考えるDXM(デュエルエクスマキナ)の三つのセオリー

 

最近のスマホTCGでは珍しくマス目のあるゲームであるDXM。

 

TCGおじさんである僕からすればモンコレやリセ等そこそこみたことはあるのだが、戸惑った人も多いだろう。

 

そもそもマス目のあるボードゲームなんか人生ゲームしか見たことねーよって方も多いのではないだろうか。

f:id:otoko0108:20170425004532j:plain

それに同名カード制限が二枚となっているのでプレイミスが多発する人もランクマで散見する。ということで今回は、TCG歴15年の僕がこのゲームの勝ちのセオリーを授けたいと思う。

 

目次

 

三つのセオリー

f:id:otoko0108:20170425004626j:plain

 

このゲームの勝ちのセオリーは三つあると思っている。

 

一つ目は

キモイマナカーブを気にしないデッキメイキング

 

二つ目は

除去タイミングと我慢

 

三つ目が

配置のセオリー

 

これらを順に説明していく。

 

デッキメイキングのセオリー

TCGゲーマーなら皆知っていると思うが、知らない方のために一応解説する。知ってる人は飛ばしてね♡

 

僕が考えるデッキメイキングのセオリーとしては

 

①デッキの軸となるカード

②強い、パワーのあるカード

➂対策カード

 

この3点がそろって形になると思っている。そうでないデッキはやりたいことが定まらない弱いデッキ、いわゆる「紙束」と言われる存在になり下がる。デッキメイキングに関する面白い記事を見つけたので参考にしてほしい。

 

MTGがわからなくてもいい。書いてあることはどのTCGにも共通することなので必ずあなたの助けになるだろう。

 

mtg-jp.com

 

特に対策カードと軸になるカード(フィニッシャー)は入れないと勝ちにつながらないので必ずここは考えてほしい。

 

そして次がこのゲーム特有というか、ちょっと戸惑うとこなのだが

 

キモイマナカーブになってもあまり気にするな

 

大帝のゲームで目指すべきは2か3を中心に山なりなのだが、このゲームは最大で二枚しか積めない。そのシステム上どうしたって平行になりがちだ。

 

僕も最初に作ったときは田舎の手作りアスレチックみたいな不格好なマナカーブになってしまった。けど普通に勝てたのであんま気にしなくてもいい。むしろマナカーブの形にこだわるほうがだめだと言える。

 

山なりやスレイを目指すべきなのはデッキに3枚詰めるゲームや、土地などのリソースがドローに左右されるゲームの場合だ。

 

このゲームはそういうゲームではないので、それにとらわれず辛いデッキに対する対策カードとなんにでも入る強いカードから入れたほうがいい。

 

 

除去タイミングと我慢のセオリー

f:id:otoko0108:20170424235517j:plain

 

このゲームをやっているとかなり感じるのだが、これを重視しない人が多い。

どういうことかというと、撃つべき対象と撃つべきタイミングがわかっていないのだ。

 

このゲームはまだ確定除去の種類が少なくデッキに二枚しか積めないシステム上、絶対数がどうしたってほかのゲームより少ない。それをシャドバやジョジョの拳銃みたいな感覚でバカスカ撃つとどうしたって押し負けるに決まっている。

 

f:id:otoko0108:20170424235900j:plain

 

確定除去はどうしようもない相手や絶対に殺さなければならないシステムクリーチャーに撃つべきであって、ちょっとでかい程度の相手に撃ってしまうと徐々に押し負けるのだ。

 

例えば彷徨えるゴーレムに確定除去を撃つ人をルクソールなどで結構見るが、これは余り良い手ではないと思っている。

 

ゴーレムは確かに強いが、これはあくまで中堅フォロワーなのでこれで勝負を決めに来るフォロワーではない。ほかのフォロワーへのつなぎだ。どうしたってそれしか手段がない場合は仕方がないが、なるべくほかの道を考えた方がいい。死なないなら放置も十分アリだ。

 

f:id:otoko0108:20170424235517j:plain

 

 

全体除去だってそうだ。セクメトも最大効果を見極めて撃つ、もしくは特定の状況までとっておく、ギリギリまで我慢する必要も出てくるというのを覚えておいた方がいい。

オーディンが出る前にセクメトを二枚撃ってしまってあばばwwwというのを僕はランクマで腐るほど見てきた。なので見極めろ、撃つべき場所を。

 

f:id:otoko0108:20170425000035j:plain

 

配置のセオリー

f:id:otoko0108:20170425003803j:plain

結論から言うとまずは後列3マスに並べるのが配置のセオリーである。

理由は単純で、

 

前列ダメージ、

縦一列ダメージ、

前列に対する-修正カードは多いが

 

後列をその場で除去したり、

後列に-修正をかけたりするカードが現状ほぼ存在しないからである。

 

つまり後ろ列一列に並べさせたなら全体除去以外で除去アドバンテージを与えてしまうことはまずないと考えていい。

 

なのでいきなり前列に出したいカードはこれらのデメリットに目を瞑ってでも前に出すことにメリットのあるカードに限られる。(サナム、オリンポスの一部カード等)

後ろに酸の沼を出したくないという理由で魔蝸牛を置くのも悪くない。

 

もう一つはダメージレースに関係してくるのだが、あえて相手列を無視するというのも重要なプレイングだ。

相手の右列は強いから無視して左や中央に出そう、とかそういうのである。

 

例え相手の右列に彷徨えるゴーレムがいたとしても自分の中央列にエルフの地術士がいたなら、ゴーレム列が居ない列にATK3のモンスターを出せばこちらの方がダメージレースで優位に立てる。

 

除去するとか、ブロックするとかから入らず、ダメージレースで勝てるなら放置する、というのも重要なので覚えておこう。

あいつさえいなければダメージレースに勝てるとか、あいつがいると盤面有利がとれないとか言ったモンスターを除去して、はじめて除去が生きるのである。

 

勝てない貴方に送る、各ヒーローのカード紹介

 

 

勢力の使えるカードについてリンクを貼っているので、訪れられた方は是非参考にされたし。各記事ちまちま更新します。

 

www.otokono-syumi.net

 

www.otokono-syumi.net

 

www.otokono-syumi.net

 

www.otokono-syumi.net

www.otokono-syumi.net

 

終わりに

 

マス目のあるカードゲームを知っている人ならだれもが知っていることかもしれないが、知らない人にとっては未知の領域かもしれないので書いてみた。

しかし、つまるところはダメージレースとアドバンテージをどれだけ優位に取れるかというTCGの根本部分は変わっていないのですぐになじむだろう。