趣味全開!!漢大好き男のブログ

漢を愛する男—――そんな男のブログ。Twitterやってますのでお気軽にフォローしてください。@otoko0108 何かご依頼などがあればTwitterのDMまで

今日から勝てるDXM(デュエルエクスマキナ) 公式にRTされた僕がRTされにくいアスガルドを紹介する

まず超うれしいことがあったので報告します

 

f:id:otoko0108:20170427212412j:plain

 

公式Twitterに紹介されました!!

これはとてもうれしかった。嬉しすぎて余りの勢いでベッドにダイブして、先輩に気になるそぶりをされた乙女のごとく小一時間ごろごろしていました。

 

 

そしてそして、なんとプロデューサーにもRTされました!!!

 

f:id:otoko0108:20170427212643p:plain

 

f:id:otoko0108:20170427220332j:plain

 

これは公式に認められたと言っても過言ではないのでは…???

 

それではやらねばなるまい。あの勢力を。

 皆に認められず、場所によっては居ないもの扱いされているあの勢力

   アスガルドを紹介するぞ

 

では本格的に紹介…の前に

 

まずこのゲームってどんなゲーム?

 

知りたい方は以下のリンクを参照されたし。

千原ジュニアのせいで画像ではわかりませんが、2×3のマス目があるカードゲームです

www.otokono-syumi.net

 

このゲーム勝てねえんだけど???

 

こんなセオリーがあるので参考にしてください

www.otokono-syumi.net

 

 目次

 

 

アスガルドとは

 まずアスガルドのざっくりとした強みと弱みを上げると

 

強み

・氷河でのパンプが強い

・回復系統が多いので継戦能力が高い

バルドルの閃光という超強い全体ダメージがある

・システムクリーチャーが強い

・弱いマナ域がない

・レジェンダリーがおそらく全クラス中最強。

 

弱み

・レジェンダリー以外の決め手に欠ける

・後半に行くまでこれといって強いマナ域がない

・デッキメイキングがかなり難しい

・対戦するリーダーによって目指す勝利方法やカードの使い方をがらっと変えないといけない=試合中考えることが多すぎる

 

 

扱いにくい上級者向け、というところだろうか。

 

構築+戦術面での工夫や状況に応じた考えがいるため、ほかのクラスに比べると高度なことを要求されがちである。その結果アスガルドの動き方がわからず「弱くね?」となるのはわからない話ではない。

 

ただしどのマナ域も弱くないし、カード自体は強いし、回復もあるので戦闘続行能力は高い。とにかく除去を吐かせていってレジェンダリーで決めるのが筋なので、それまでどう吐かせながら生きながらえるかが構築と戦術の肝となる。

 

そういう構築ができれば7割の勝率は固い。8割以上勝つことだって可能だ。現に僕はアスガルドほぼ一本でSまでいったし、S以降もアスガルドで高い勝率を誇っている。

 

とどのつまりこのヒーローはむずいが、パワーはあるのだ。とても難しいが。

 

 

キーカード

 

バルドルの閃光

 

f:id:otoko0108:20170427214040p:plain

 

アスガルドの超重要カード。

このヒーローに必須と呼べるカードはあまりないのだが、これだけはどのデッキでも必須だろう。

3コスで全体ダメージ2点はあまりに破格。オリンポスやイズモのような速攻系のデッキのメインアタッカーは大抵タフネスが2以下なのでこれ一枚ですべてかき消せる。

2積み確定は間違いなしなのでアスガルドを作るときはまずここから始めよう。

 

オーディン

 

f:id:otoko0108:20170427214136p:plain

アスガルドで安定して勝ちたいならこれ。

合計15点の火力が相手を襲うので大抵このまま勝ちます。アメンやセクメトのような全体除去を撃たれてもオーディンが死なないのがミソ。クラーケンやフェンリルが残ってたらまず勝ちます。

 

遅いとか間に合わないとかいう声も結構聴かれるが、おそらくそれはそこまでのデッキ構築の問題なのできっちり構築すれば10ターン目までまず行く。でもその構築が難しいから結局難しいんですけどね…

 

フェンリル

 

f:id:otoko0108:20170427214253p:plain

たぶんどのデッキにも入る強カード。

ほっとくだけで相手フィールドから餌を探してガッツいて回復できるのでクラーケンやカラスと相性がいい。何より何もなくても2点回復できるので確定除去以外ではそうそう死なない。

 

逆に言うならまず確定除去の的になるので、それを計算しながら戦うべき。

 

クラーケン

 

f:id:otoko0108:20170427214406p:plain

強システムユニットその①

回復すればランダム2点はかなりでかい。ヒーローパワー然りフェンリル然りアスガルドには回復が多いので決める機会はかなり多い。加えて2/5とかなり死ににくいサイズなのも好感が持てる。セクメトで死なないのが最高。

 

 ヨルムンガンド

f:id:otoko0108:20170427214527p:plain

ケツがデカイタフネスワニ。

護衛持ちでタフネス4はなかなか3PPでは殺しにくく、アグロを一時的に止めたりするのに役に立つ。こいつで魔蝸牛とかタフネス2の奴倒せないじゃんとか

 

f:id:otoko0108:20170427141326j:plain

 

でも足止めできるだけで偉大というか、バルドルや必要なものを引っ張ってこれる隙が生まれると思うとやるじゃないかと感じるわけです。

 

伝書鴉 フギン

 

f:id:otoko0108:20170427214633p:plain

強システムクリーチャーその②

コントロールなら入れてもいいと思っているカード。理由としては効果発動が比較的簡単であることと、こいつ自体もそこそこ死ににくいので壁としての役割もできるということの二点。

1ターンに複数回発動できることもあるので、総合的に見ればほかのドロー系カードよりもドローできる。ただ、これも置くタイミングが難しい。アスガルドはわかりやすいカードが少ないねえ

 

ドワーフの戦士

 

f:id:otoko0108:20170427214710p:plain

偉大。何が偉大かって氷河があればゴーレムに一方的に勝てるのが偉すぎる。

そのためには氷河を作る地術士やロキの悪戯を等を入れなければならないが、十分にその価値はある。とても強い。

 

狼戦士 ウルフヘジン

 

f:id:otoko0108:20170427214812p:plain

強い。標準スペックがあるだけで合格点だが、氷河に置くと3/4となる。

これは3コス性能としては最強のスペックなので小狐丸の反撃以外で3コスで止めるのは不可能となる。氷河を置きたい理由の一つ。

 

狩猟神スカジ

 

f:id:otoko0108:20170427214848p:plain

偉大。ダメージを受けると同じ列に2/1を出すため、単純なダメージ除去相手ならアドバンテージが取れる。2/3とかの列に出すとかなりおいしい気持ちになれる。

また、ダメージならなんでもいいので魔蝸牛の酸の沼地において狼自動生成マシーンと化すのもアリ。ヒーローがフレイヤなら多くの狼を生み出せるだろう。

 

 

 

環境において入れ替えよう。光るカードたち

 

海氷巨人 フリームスルト

f:id:otoko0108:20170427215000p:plain

 

ほぼフレイヤ専門ユニット。氷河を出すのは地味だが氷河は中盤以降にそこそこ響いてくる。1/3というケツデカサイズなので死ににくいのもナイス。

 

ロキの悪戯

f:id:otoko0108:20170427215056p:plain

全ヒーローにある地形サイクルだが、氷河をメイン戦法に組み込んでいくアスガルド的には必要な場面が多い。

デッキ圧縮になるのでバルドルの閃光までの道筋を増やせるのもポイント。

 

スカジの氷矢

f:id:otoko0108:20170427215134p:plain

ナイス除去。3コス3点に氷結がついているのは強い…のだが、環境を席巻しているゴーレムにはあと1点が足りない。なので入れてもちょっと物足りないと感じる時が多いだろう。

強いからいれてもいいが、悩むというよくわかんないカード。

 

ドワーフの炊事番

f:id:otoko0108:20170427215228p:plain

範馬勇次郎が飯たいたらこんな感じみたいな絵面。飯炊きかァ…

そして飯炊き強い。標準スペックに2点回復がついているので対アグロではギリギリ死線をつなぎ留めたりしてくれる。対アグロの1点はなにより重い。

 

グングニルの穿通

f:id:otoko0108:20170427215430p:plain

バルドルの閃光の強化版だが重い。重いがコントロール的にはないと困る場面も多いためコントロールなら2積み。そうじゃないなら積まなくてもいいかな。

 

 

 

雷電トール

f:id:otoko0108:20170427215537p:plain

ほとんど使われていないが書いていることは強い。

こいつの最大のポイントは酸の沼との相性がかなりいいというところにある。

酸の沼に置けば毎ターン2点火力が相手に飛ぶのでたまったものではない。止めようとするもこいつはでかいのでとめにくい…といった悪循環を迫られる。

 

確定除去に弱いのはお約束だが、まあそれはみんなそうだしね?

 

勢力の使えるカード評価が知りたい方はこちら

 

www.otokono-syumi.net

 

www.otokono-syumi.net

 

www.otokono-syumi.net

 

www.otokono-syumi.net